なぜロイヤルカナンドッグフードの評判は悪い?与えてはダメなのか犬の管理栄養士が解説

ロイヤルカナンドッグフードは、多くのブリーダーが使用していたり獣医師が処方していることがあります。

原材料を中心に健康体の犬には、犬の管理栄養士としておすすめできるドッグフードではありません

PETPIA編集部
しかし、病気を発症していたり健康状態が好ましくない犬の療法食は効果が実感できたという評判も多くおすすめです。

今回は、様々な企業のドッグフード開発を実際に行っている犬の管理栄養士がロイヤルカナンドッグフードの評判や特徴について紹介します。

この記事の簡単なまとめ

  1. ロイヤルカナンドッグフードは療法食が素晴らしい
  2. 健康体の犬の総合栄養食はおすすめできない
  3. 原産国や原材料、添加物に不安がある
  4. 全般的にタンパク質量が少ない
  5. クオリティの低さで評判が悪い
  6. 価格の安さで評判が良い
  7. 療法食は良い評判が多い
目次

ロイヤルカナンドッグフードの基本情報

dog food with dogs hands

ロイヤルカナンドッグフードの基本情報は、下記のとおりです。

  • 種類が非常に多い
  • 種類によって原産国が異なる
  • 化学合成添加物を使用している
  • 価格が安い

それぞれ詳しく解説していきます。

容量種類によって異なる
バリエーション通常の総合栄養食・犬種別総合栄養食ドッグフード・疾患別療法食・プロフェッショナル向けドッグフード
価格種類や販売元によって異なるが一般的なドッグフードの中では安い(例:ロイヤルカナン BHN プードル 成犬用 3kg=税込4,320円 1,440円/ 1kg
送料販売元によって異なる
目的総合栄養食、及び病気を発症している犬の療法食
対象年齢ドッグフードの種類によって異なる
グレインフリー✖️
添加物✖️ 基本的に添加物の配合が多い
原産国種類によって異なる

ロイヤルカナンドッグフードの種類

ロイヤルカナンドッグフードは、通常のAAFCO基準を満たす総合栄養食以外にも犬種別のかかりやすい病気や体の特徴に合わせたドッグフードがあります。

その他、病気の犬のための栄養調整がされた療法食のレパートリーも広いのが特徴。

PETPIA編集部
療法食は、一般的に獣医師の指示のもと与えます。

栄養素の配合に関しては安全性の高いドッグフードですが、通常の総合栄養食については最低限の基準を満たしているに過ぎません

健康体の犬に関しては動物性タンパク質の配合割合や品質の不明確さからおすすめできません。

しかし、療法食については病気だけでなく、症状や体の特性に配慮している点でポイントが高いのが特徴です。

PETPIA編集部
腎臓や消化器、心臓などの療法食一覧は後ほど紹介します。

ロイヤルカナンドッグフードの原産国は種類によって異なる

ロイヤルカナンドッグフードの原産国は、ドッグフードの種類によって異なります

なお、種類別の原産国は以下通りですが、最近は国産ドッグフードの人気も高まっています。

PETPIA編集部
原産国や品質的な心配がある飼い主さんにはおすすめできません。
ドッグフードの選定に悩む方は、国産ドッグフードおすすめランキング【18選】安全性や獣医師おすすめの記事で国産のドッグフードを詳しく紹介しています。
ロイヤルカナンドッグフードの種類原産国
*ベテリナリーダイエット 犬用食事療法食|「満腹感サポート」韓国
*ベテリナリーダイエット 犬用食事療法食|「セレクトプロテイン(カンガルー&オーツ)」・「セレクトプロテイン(フィッシュ&ポテト)」アメリカ
*ベテリナリーダイエット 犬用食事療法食|「アミノペプチドフォーミュラ」・「満腹感サポートスペシャル+CLT」・「満腹感サポート+低分子プロテイン」 *療法食トリーツ全製品カナダ
*上記以外のレパートリーフランス

なお、上記の原産国は2022年2月22日現時点での情報です。

原産国詳細|ロイヤルカナン公式サイト

ロイヤルカナンドッグフードの悪い評判まとめ

a dog stick out his tongue

ロイヤルカナンドッグフードの良い評判は、下記のとおりです。

  • クオリティの低さで評判が悪い
  • 嗜好性の低さで評判が悪い

それぞれ詳しく解説していきます。

ロイヤルカナンドッグフードは、療法食以外は全般的にクオリティの低さで悪い評判が多いようです。

PETPIA編集部
しかし、以下のような方の購入に関してはリピート率が高いのが特徴です。
  1. 犬の食育について関心がない方
  2. 金銭的にドッグフードにお金がかけられない方
  3. 犬の健康に配慮していないブリーダー

クオリティの低さで評判が悪い

クオリティ評価:★★☆☆☆

ロイヤルカナンドッグフードは、人工添加物を使用していたり主原料に動物肉を使用していない点で評判が悪いのが特徴です。

療法食以外の総合栄養食については、犬の管理栄養士としてもおすすめできません。

PETPIA編集部
安さだけを重要視している方は良いかもしれませんが、犬の健康に配慮している飼い主さんには不向きなことが分かります。

悪い評判では、以下のような原材料に対する不安が多いのが特徴です。

  • 動物性油脂(どのような動物の油脂か分からない脂肪)を使用している。
  • オイルコーティングで無理に食いつきを良くしている。
  • 人工添加物(化学合成添加物)を使用している。
  • 殆どのロイヤルカナンは原料にトウモロコシを使用している。
  • 原材料が明確にされていない(原材料の出どころなど)
  • 殆どのロイヤルカナンは主原料に動物肉を使っていない

嗜好性の低さで評判が悪い

クオリティ評価:★★★☆☆

ロイヤルカナンドッグフードは、嗜好性の低さで悪い評判が多いのが特徴です。

肉や魚といった犬が好みやすい原材料が主原料として使用されていないのが、嗜好性が低い理由の1つなのでしょう。

全く食べなかったチワワの悪い評判

ウチのチワワだけでしょうか。

全く食べないで仕方ないので人に譲りました

PETPIA編集部
我が家としては、こんなに食べてくれないのは初めてでした。

参考|実際の良い評判コメント

安くても、食べてくれないと購入してももったいないですね。

トイプードルやチワワのような小型犬の場合は、食べムラが多い犬も多いので注意が必要です。

飽きて食べなくなった悪い評判

与え始めは食べたけど、すぐにドッグフードに飽きて食べなくなるケースも多いので注意が必要です。

特にロイヤルカナンは、犬が好むチキンなどの動物肉の使用割合が低いので嗜好性が低いのではないでしょうか。

PETPIA編集部
最初はよく食べていたが飽きて来たようです。

参考|実際の良い評判コメント

ロイヤルカナンドッグフードの良い評判まとめ

ロイヤルカナンドッグフードの良い評判は、下記のとおりです。

  • 療法食の効果が実感できる
  • 価格が安い

それぞれ詳しく解説していきます。

ロイヤルカナンは、価格の安さや療法食の安心感では非常に評判が良いのが特徴です。

特に病気の犬や健康状態に問題がある犬の療法食については、販売しているメーカーも少なく動物病院での取り扱いも多いので安心感がありますね。

PETPIA編集部
ロイヤルカナンの療法食については犬の管理栄養士としてもおすすめですので、後ほど種類別で詳しく紹介します。

療法食で効果が実感できたという良い評判

療法食の評価:★★★★★

病気を発症している犬の場合は、血液検査の数値が改善したという良い評価が多いのでおすすめです。

なお、ロイヤルカナンの療法食については効果が実感できたという良い評判が非常に多いため、ここでは病気別に一例を紹介します。

お腹が弱い子犬の良い評価

4ヶ月半の柴犬の常食として購入しました。

とてもお腹の敏感な子で何度か病院にもかかり、療法食を食べさせていました。

栄養的にも安心で、犬種に合った物を…とこちらを試しに購入。

PETPIA編集部
徐々に切り替えたところ、お腹の弱いうちの子でも大丈夫でした!

ゆるすぎず硬すぎずの良い便が出ます。やっと安心して食べさせられる物に出会えて良かったです。

参考|実際の良い評判コメント

腎臓病の犬の数値が良くなったという良い評価

慢性腎不全ステージ2のトイプーに食べさせてます。

PETPIA編集部
半年食べさせてますが、腎臓の数値が規定の数値内に落ち着いてるのでこれからも続けようと思います。

参考|実際の良い評判コメント

腎臓病や慢性腎不全の犬に関しては、タンパク質を中心に制限しなければいけない栄養素が多いのが特徴です。

療法食でないと腎臓に関わる病気は進行しやすいので、腎臓に問題がある犬は獣医師に相談すると良いでしょう。

心臓病の犬の病状が良くなったという良い評判

心臓病を見つけてもうすぐ2年になりますが、一時期獣医さんにも見放され獣医さんを変えててこのエサに変えました。

PETPIA編集部
それから、少しづつ病状もよくなりレンタルの高酸素室も使わないでしまってあります

参考|実際の良い評判コメント

心臓病の犬に関しては、体重管理やナトリウム・クロール・リンなど特定の栄養素の制限が必要になります。

そのため、一般的な総合栄養食では病気の進行を早めてしまう危険性があるので療法食を与える必要があります

肝臓病の犬の病状が良くなったという良い評判

我が家の中型ワンコの肝臓の数値が高くなり、動物病院で薦められたフードです。

一粒が大きく食べてくれるか心配しましたが、大きさの割りに食感は軽そうで、パクパク食べてくれました。

PETPIA編集部
食べ始めて1ヶ月後の血液検査で数値がかなり低くなり、効果はしっかり反映されていました

まだ適正値ではないので、あと1ヶ月ほどお世話になりそうです。

参考|実際の良い評判コメント

肝臓に疾患がある犬の場合はタンパク質を適度に与えるなど、食事管理が重要になります。

手作り食や総合栄養食では改善が難しいので、療法食で都度検査数値を確認していくのが良いでしょう

価格の安さの良い評判

価格の評価:★★★★★

ロイヤルカナンドッグフードは、価格の安さで良い評判が多いのも特徴です。

ここでは、価格面での評判の一例を紹介します。

リーズナブルだという良い評判

基本何でも食べてくれる犬ですが、生まれた時からロイヤルカナンです。

生後1年が過ぎましたが、毛艶もよく、健康状態も良好ですので、うちの子には合っているのではないでしょうか。

PETPIA編集部
他に安いフードはまだまだありますが、この位の値段ならとてもリーズナブルだと思います。

参考|実際の良い評価コメント

多頭飼いの犬に与えている飼い主さんの良い評判

パピヨンの三頭飼いですので、毎月購入しています。

食いつきも良く、毛艶も良くて元気です。宅配で届くので楽で安いと思います。またリピートすると思います。

参考|実際の良い評価コメント

PETPIA編集部
多頭飼いの場合はフード代が高額になりやすいので、価格の安さもドッグフード選びのポイントになるのでしょう。

大袋を購入している飼い主さんの良い評判

8kgでこのお値段は安いですね。

今まで800gを購入してました 届いて大きさに思わず笑ってしまいました。

量が多いので ジップロックに小分けして、娘のトイプーに半分あげました。乾燥野菜を混ぜて与えてます。

参考|実際の良い評価コメント

PETPIA編集部
大袋を購入した場合は、酸化・劣化しないようにジップバッグや密封保存容器で小分けにすることが大切ですね!

獣医はなぜロイヤルカナンを勧めるのか|4つの理由

brown dog

獣医師がロイヤルカナンを勧める理由は、下記のとおりです。

  • 犬種別ドッグフードがあるので勧めやすい
  • 病気の犬の療法食は数値として効果が出ているから
  • 犬の栄養学に詳しくない獣医師が多いから
  • 最近では療法食以外はロイヤルカナンを勧めない獣医師も多い

それぞれ詳しく解説していきます。

なお、獣医師がロイヤルカナンを勧める理由についてはあくまで一般的見解で、獣医師によって見解は異なります

PETPIA編集部
最近では犬の食育を勉強している獣医師も多く、ロイヤルカナンを推奨しない方もいます。

トイプードルなどの犬種別ドッグフードがあるから

獣医師や動物病院でロイヤルカナンを勧める理由の1つが、犬種別ドッグフードがあるので犬の食育知識が少なくても勧めやすいことです。

ロイヤルカナンのブリード ヘルス ニュートリションは、体の特性上犬種別で気をつけたいポイントに配慮して作られています。

PETPIA編集部
犬種に合わせて栄養素の設計がされており、14犬種別で犬の年齢に配慮して作られている総合栄養食です。

なお、犬種別ドッグフードは以下通りです。

犬種別ドッグフード(ブリード ヘルス ニュートリション|42種類)
チワワ子犬用
チワワ成犬用
チワワ中・高齢犬用
ダックスフンド子犬用
ダックスフンド成犬用
ダックスフンド中・高齢犬用
プードル子犬用
プードル成犬用
プードル中・高齢犬用
柴犬子犬用
柴犬成犬用
柴犬中・高齢犬用
ポメラニアン成犬〜高齢犬用
ヨークシャーテリア子犬用
ヨークシャーテリア成犬〜高齢犬用
シーズー成犬〜高齢犬用
マルチーズ成犬〜高齢犬用
ミニチュアシュナウザー子犬用
ミニチュアシュナウザー成犬〜高齢犬用
パグ成犬〜高齢犬用
キャバリア キング チャールズ成犬〜高齢犬用
フレンチブルドッグ子犬用
フレンチブルドッグ成犬〜高齢犬用
ラブラドールレトリバー子犬用
ラブラドールレトリバー成犬用
ラブラドールレトリバー中・高齢犬用
ゴールデンレトリバー子犬用
ゴールデンレトリバー成犬〜高齢犬用
ジャーマンシェパード成犬〜高齢犬用
ブルドッグ子犬用
ブルドッグ成犬〜高齢犬用
ボクサー子犬用
ボクサー成犬〜高齢犬用
ロットワイラー子犬用
ロットワイラー成犬〜高齢犬用
グレートデーン成犬〜高齢犬用
アメリカン コッカー スパニエル・イングリッシュ コッカー スパニエル子犬用
アメリカン コッカー スパニエル・イングリッシュ コッカー スパニエル成犬〜高齢犬用
ジャック ラッセル テリア子犬用
ジャック ラッセル テリア成犬〜高齢犬用
ビーグル成犬〜高齢犬用
ビション フリーゼ成犬〜高齢犬用

犬の体質や病気に応じた目的食や療法食があるから

ロイヤルカナンドッグフードの総合栄養食はおすすめできませんが、療法食についてはそれぞれの疾患に応じて作られています

そのため、犬の管理栄養士としてもおすすめできます。

PETPIA編集部
良い評判を見てわかるよう、病気の改善が血液検査の数値として確実に出ているケースが多いです。

獣医師は、犬の病気を治すしたり進行を抑えることが仕事の1つですので、療法食として実績が多く歴史の長いロイヤルカナンは推奨しやすいのでしょう。

獣医師は犬の栄養学に詳しくないから

獣医師がロイヤルカナンを推奨する傾向にある理由の1つは、栄養学に詳しくない獣医師が多いことです。

療法食については詳しく勉強している方が殆どですが、健康体の犬の栄養学については知識が少ない獣医師が殆どです。

PETPIA編集部
獣医師は、病気の治療や進行の制御など獣医療の提供を行うことが主な仕事です。

私自身、様々な企業のドッグフード開発を請け負い、商品の監修者である獣医師と話すことが多いです。

しかし、「栄養学については詳しくないので、監修するドッグフードは総合栄養食基準さえ満たしていれば良い」という獣医師が多いのが特徴です。

最近ではロイヤルカナンをすすめない獣医師も多い

最近では栄養学を詳しく勉強する獣医師も増えています。

そのため、療法食を除き、健康体の犬においてロイヤルカナンドッグフードを勧めない獣医師も多くなってきました

PETPIA編集部
実際に私の愛犬が通っている最先端医療センターの獣医師も、他のフードを推奨します。

病気の犬については、特定の栄養素の補給や制限が病気の進行を抑えるために必須となります。

しかし、健康体の犬にはやはり良質な動物肉が主原料のドッグフードが良い、という見解の獣医師が増えているのではないでしょうか。

ロイヤルカナンの3つのデメリット

toypoodle with big eyes

ロイヤルカナンドッグフードのデメリットは、下記のとおりです。

  • タンパク質割合が全般的に少ない
  • 人工添加物が多く使用されている
  • 原材料のクオリティが悪い

それぞれ詳しく解説していきます。

タンパク質が全般的に少ない

近年、犬の体の構造や消化能力を配慮すると、良質な動物性タンパク質量が多いドッグフードが良いとされる傾向にあります。

しかし、ロイヤルカナンドッグフードの原材料は動物性タンパク質の使用割合が極端に低く感じます。

PETPIA編集部
植物性のタンパク質やその他のタンパク質原材料を使用している商品が殆どです。

なお、一例としてロイヤルカナンドッグフードのタンパク質原材料と配合割合をまとめてみました。

ドッグフードの種類使用しているタンパク質原材料(一例) ※使用割合の多い順タンパク質の割合
ロイヤルカナン ミニインドアアダルト米、コーン、肉類(鶏、七面鳥、ダック)、超高消化性小麦タンパク19%以上
ロイヤルカナン柴犬成犬用とうもろこし、米、肉類(鶏、七面鳥)、植物性分離タンパク24%以上
マルチーズ 成犬・高齢犬用コーン、米、肉類(鶏、七面鳥、ダック)、動物性油脂、超高消化性小麦タンパク22%以上
ヘルスニュートリション ミニ アダルト肉類(鶏、七面鳥、ダック)、コーン、コーンフラワー、動物性油脂、超高消化性小麦タンパク25%以上
PETPIA編集部
総合栄養食基準のタンパク質量は、成長期(子犬)で22.5%以上、維持期(成犬・老犬)で18.0%以上!

上記からわかるように、ロイヤルカナンドッグフードは動物性タンパク質(肉や魚)原材料が少ないことが分かります。

また、AAFCO2016の総合栄養食基準のタンパク質量は満たしているものの、全般的なドライフードのタンパク質量より少ないのがデメリットでしょう。

PETPIA編集部
最近では、原価の安い植物性タンパク質原材料のトウモロコシを使用しているドッグフードは殆どありません。

人工添加物が多く使用されている

ロイヤルカナンは、種類によって使用している化学合成(人工)添加物、またはその配合量が若干異なります。

少し前までは、比較的危険性が高いと言われているBHAや没食子酸プロピル(酸化防止剤)などが使用されていました。

PETPIA編集部
しかし、2021年から化学合成酸化防止剤の使用から天然添加物の使用に変更されています

ロイヤルカナンドッグフードに使用されている天然添加物は、「ミックストコフェロール」や「ローズマリーエキス」などです。

これら天然添加物は、比較的プレミアムドッグフードにも使用されているケースが多いのではないでしょうか。

PETPIA編集部
犬用おやつにも頻繁に使用されている添加物なので、ラベルをみてみると良いでしょう。

しかし、ロイヤルカナンドッグフードの保存料には、現在でも人工添加物(ソルビン酸カリウム)が使用されています

原材料のクオリティが悪い

原材料については、良質な肉や魚が主原料になっていないことがデメリットとして大きいでしょう。

ロイヤルカナンドッグフードには以下のような、原材料の原価が安く済む原材料ばかり使用されています

  • 米類
  • トウモロコシ(コーン)
  • 植物性分離タンパク
  • 超高消化性小麦タンパク
  • 動物性油脂
  • コーンフラワー

また、最近のドッグフードは原材料の産地を公表しているメーカーが多いのが特徴ですが、ロイヤルカナンの原材料は出どころが分かりません

ロイヤルカナンの2つのメリット

dogfood

ロイヤルカナンドッグフードのメリットは、下記のとおりです。

  • 病気を発症している犬は安心
  • 価格が安い

それぞれ詳しく解説していきます。

病気を発症している犬には安心

前述で紹介させていただいたように、療法食については血液検査を中心とした検査結果で実績として数値が実証されています

病気に応じて多く摂取させなければいけない栄養素・制限しなければいけない栄養素が異なりますので、病気の犬には安心ですね。

PETPIA編集部
なお、ロイヤルカナンの療法食はレパートリーの多さでも評判が良いのではないでしょうか。

ロイヤルカナンの療法食については、後ほど病気別一覧で紹介します。

価格が安い

ロイヤルカナンドッグフードは、価格が安いのが特徴です。

種類やサイズ、販売元によって1kg当たりの価格が大きく異なりますが、一例として以下表を作成してみました。

PETPIA編集部
ロイヤルカナンドッグフードを検討中の方は、価格参考にしてください。
ドッグフードの種類(レパートリー)容量・価格1kg当たりの価格
一般食(総合栄養食):成犬用(室内で生活する小型犬)8kg・税込7,364円921円(税込)
療法食:消化器サポート 低脂肪8kg・税込10,875円1,359円(税込)
犬種別ドッグフード:プードル 成犬用7.5kg・税込8,110円1,081円(税込)

上記価格参考は、楽天市場の2022年2月22日時点の価格を参考に算出しております。

ロイヤルカナンドッグフード8つの疑問を解決!

feeding dogs

ドクターワンデルのよくある疑問と回答は、下記のとおりです。

  • 食べなくなったら4つの対処法を試す
  • 犬種別ドッグフードを他の犬種に与えるのはおすすめできない
  • 同じドッグフードを与え続けてアレルギーを発症する確率は低い
  • 愛犬に適したドッグフードは公式サイトから簡単に検索できる
  • ドッグフードは一般的に1日2回与える
  • ドライフードは基本的に丸呑みしてしまっても大丈夫
  • 穀物を多く使用していても消化できるように製造している
  • ドライフードとウェットフードは水分量が異なる

それぞれ詳しく解説していきます。

今まで食べていたのに急に食べなくなった時の対処法4つ

今までロイヤルカナンドッグフードを食べていたのに、急に食べなくなると困りますよね。

PETPIA編集部
特に病気を発症していて療法食を与えている場合は、注意が必要です!

ロイヤルカナンドッグフードを食べなくなってしまった時の対処法は、以下通りです。

対処法1ドッグフードを37〜38℃程度に温める(ドライフードの場合:50℃程度のお湯でふやかして冷まします) ※熱湯でふやかすと栄養素が崩れるので要注意
対処法2ドライフードではなくウェットフードに切り替える(ロイヤルカナンは、同じシリーズでドライフードとウェットフードの両方を販売しているケースがあります)
対処法3食器を床置きしている場合は、高さのある食事台に変更してみる(食器の位置が愛犬の肩にくるのが理想です)
対処法4健康体の犬で療法食以外の総合栄養食を与えている場合は、鶏肉や牛肉など愛犬が好きなものをトッピングする
PETPIA編集部
体調が悪くて食欲低下している場合は、必ず獣医師に相談しましょう!

犬種別ドッグフードを他の犬種に与えないほうが良い

ロイヤルカナンドッグフードには、犬種の専用ドッグフード(ブリード ヘルス ニュートリション/BHN)があります。

このシリーズのドッグフードは、それぞれの犬種に適した栄養バランスで作られています。

PETPIA編集部
粒の形状も犬種ごと工夫してあるので、ロイヤルカナンでは他の犬種に与えることを勧めていません

該当の犬種用ドッグフードがない場合は、犬種別ドッグフード以外のシリーズで検討すると良いでしょう。

なお、ロイヤルカナンドッグフードで準備している犬種別ドッグフードは、以下通りです。

  1. チワワ
  2. ダックスフンド
  3. プードル
  4. 柴犬
  5. ポメラニアン
  6. ヨークシャーテリア
  7. マルチーズ
  8. ミニチュアシュナウザー
  9. パグ
  10. キャバリア キング チャールズ
  11. フレンチブルドッグ
  12. ラブラドールレトリバー
  13. ゴールデンレトリバー
  14. ジャーマンシェパード
  15. ブルドッグ
  16. ボクサー
  17. ロットワイラー
  18. グレートデーン
  19. アメリカン コッカー スパニエル&イングリッシュ コッカー スパニエル
  20. ジャック ラッセル テリア
  21. ビーグル
  22. ビション フリーゼ

同じドッグフードを与え続けても食物アレルギーの発症率は低い

ロイヤルカナンでは、ずっと同じドッグフードを食べ続けても食物アレルギーを起こさないケースのほうが圧倒的に多いという見解です。

PETPIA編集部
犬の食物アレルギーを引き起こすようになってしまう仕組みについては、現状では詳しく分かっていません。

ただし、犬の管理栄養士としては、健康体の犬に関しては人のように、犬にも様々な食材を与えることをおすすめします

ドッグフードに含まれる食材には1つ1つ特徴があり、含まれる栄養素やメリット・デメリットも異なります。

そのため、特定の栄養素の制限がない犬(健康体の犬)においては、ドッグフードは数種類準備してローテーションで使うことをおすすめします。

PETPIA編集部
総合栄養食にトッピング手作りご飯を少量加えるような工夫も良いですね!

どれを選べば良いか分からない場合は公式サイトを参考にする

ロイヤルカナンのメリットはレパートリーが多く、犬に合わせて種類を選ぶことができることです。

一方、種類が多すぎてどれを選んだら良いのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。

犬は犬種や体のサイズ、体重、年齢、生活環境、運動量など、様々な違いにより必要な栄養素が異なります

そのため、ロイヤルカナンドッグフードの公式サイトでは、「愛犬にぴったりのフードを選ぶ」ページで犬に適したドッグフードを選べるようになっています。

PETPIA編集部
愛犬にどのドッグフードを選んだら良い分からない飼い主さんは、以下公式サイトより検索してみると良いでしょう。

愛犬にぴったりのドッグフードを選ぶ|公式サイト

犬のサイズなど様々なシーンから選ぶことができるので、ぜひ参考にしてください。

ドッグフードは一般的に1日2回与える

消化機能が発達段階の子犬の場合は、1日3~4回に分けて少量ずつドッグフードを与えます。

しかし、生後6カ月くらいから1日2〜3回程度が一般的です。

PETPIA編集部
できるだけ空腹時間が短くなるよう、食事と食事の間の時間を均等にすると良いでしょう!

ちなみに、老犬や小型犬の場合は一度にたくさんの食事を摂れないことがあります。

それぞれの愛犬に合わせて食事の回数を考えてあげましょう。

ドッグフードは基本的に丸呑みしてしまっても問題ない

ドライフードは、基本的に犬が丸呑みしてしまっても消化できるようになってます

PETPIA編集部
犬は人と異なり、良く噛んで細かくするような歯の構造になっていません。

しかし、食べてすぐ吐き戻してしまったりする場合は以下のような対処法を試してみましょう。

  • 犬が噛んで食べるような粒サイズのドッグフードに変更する
  • ドライフードはふやかして与える
  • ドライフードを軽く湿らせる
  • 犬が落ち着いて食べられる環境を作る

穀物を多く使用していても消化できるように製造している

最近ではグレインフリードッグフードの人気が高まっています。

しかし、ロイヤルカナンドッグフードは小麦から精製される小麦グルテンなど様々なグレインを使用しています。

犬の管理栄養士としてはおすすめできる原材料ではありませんが、これらグレインはドッグフードの製造工程の中で消化しやすいように加工されています

PETPIA編集部
ロイヤルカナン製品は余分な食物繊維や脂肪分を取り除いてるので、消化率が90%以上!

消化性については、非常に優れています。

ドライフードとウェットフードは水分量が異なる

ロイヤルカナンドッグフードには、ドライタイプもウェットタイプもあります。

PETPIA編集部
ドライフードは一般的に水分量が10%前後のフードで、ウェットフードは水分量が75%前後!

ドライフードはg当たりのカロリー量が高く、ウェットフードはg当たりのカロリー量がドライフードより低くなります。

そのため、ウェットフードだけで1日に必要な食事を摂ろうとすると、犬に与える量はドライフードよりも遥かに多くなります

ロイヤルカナンドッグフードの療法食一覧|腎臓や消化器

2 dogs

ロイヤルカナンの療法食は、特定の病気に配慮、または健康状態に適した食事療法に利用することを目的として作られているドッグフードです。

PETPIA編集部
犬の状態別に栄養素の量や比率を調整しており、獣医師の指示や指導のもとで与えます

ロイヤルカナンの療法食一覧は、以下通りです。

疾患別犬用食事療法食(62種類)犬の病気や健康状態形状・目的
低分子プロテイン食物アレルギーによる皮膚症状や消化器系症状のある犬ドライフード
スキンケア パピー 小型犬用皮膚疾患のある子犬ドライフード
腎臓サポート リキッド慢性腎臓病を発症している犬流動食
低分子プロテイン ライト食物アレルギーで皮膚に症状が出ている犬や消化器症状のある肥満傾向の犬ドライフード
ユリナリーS/Oストルバイト結石症やシュウ酸カルシウム結石症を発症している犬ウェットフード
満腹感サポート減量が必要な犬、肥満の犬ウェットフード
ニュータードケア避妊・去勢後の犬ドライフード
セレクトスキンケア皮膚病を発症しやすい犬や皮膚のバリア機能が低下しやすい犬ドライフード
ユリナリーS/O エイジング7+ストルバイト結石症やシュウ酸カルシウム結石症を発症している犬ドライフード
消化器サポート パピー消化器疾患のある子犬ウェットフード
消化器サポート 低脂肪消化吸収不良が原因で下痢や高脂血症がある犬ウェットフード
ユリナリーS/O 小型犬用ストルバイト結石症やシュウ酸カルシウム結石症を発症している小型犬ドライフード
消化器サポート 低脂肪 小型犬用消化吸収不良が原因で下痢や高脂血症がある小型犬ドライフード
ユリナリーS/Oストルバイト結石症やシュウ酸カルシウム結石症を発症している犬ウェットフード
低分子プロテイン食物アレルギーで皮膚症状や消化器症状がある犬ウェットフード
満腹感サポート トリーツ体重管理中の犬|満腹感サポートの食事療法時のトリーツおやつ
ユリナリーS/O エイジング7+ストルバイト結石症やシュウ酸カルシウム結石症を発症している犬ウェットフード
満腹感サポート+CLT 小型犬用肥満で減量と精神面の健康に配慮が必要な小型犬ドライフード
肝臓サポート肝疾患のある犬ウェットフード
消化器サポート 低脂肪消化吸収不良が原因で下痢や高脂血症がある犬ウェットフード
消化器サポート 低脂肪消化吸収不良が原因で下痢や高脂血症がある犬流動食
消化器サポート 低脂肪消化吸収不良が原因で下痢や高脂血症がある犬ドライフード
エイジングケア成犬や高齢犬ドライフード
心臓サポート重度の心疾患を発症している犬ウェットフード
スキンケア 小型犬用皮膚疾患のある小型犬ドライフード
消化器サポート 高栄養消化器疾患がある犬流動食
糖コントロール糖尿病を発症している犬ウェットフード
肝臓サポート肝疾患のある犬ドライフード
満腹感サポート+低分子プロテイン減量が必要な犬で食物アレルギーが原因で皮膚疾患や消化器疾患の犬ドライフード
関節サポート関節疾患や年齢的な問題で関節炎がある犬ドライフード
満腹感サポート 小型犬用肥満で減量が必要な小型犬ドライフード
消化器サポート消化器疾患のある犬ドライフード
スキンサポート皮膚疾患のある犬ドライフード
早期心臓サポート+関節サポート初期の心疾患がある犬や関節炎がある犬ドライフード
セレクトプロテイン フィッシュ&ポテト食物アレルギーによる皮膚症状や消化器症状がある犬ドライフード
心臓サポート重度の心疾患を発症している犬ドライフード
腎臓サポート+低分子プロテイン慢性腎臓病で食物アレルギーが原因で皮膚疾患や消化器疾患がある犬ドライフード
ユリナリーS/O トリーツユリナリーS/Oなどによる食事療法時のおやつおやつ
ユリナリーS/O ライト下部尿路疾患を発症している肥満傾向の犬ウェットフード
消化器サポート 高繊維下痢で食物繊維を食事で多くした方が良い犬や大腸性疾患のある犬ドライフード
糖コントロール糖尿病の犬ドライフード
クリティカル リキッド栄養要求量が多い犬(病気や老衰などにより少量で必要なエネルギーを補いたい犬)リキッド
セレクトプロテイン チキン&ライス食物アレルギーが原因で皮膚症状や消化器症状がある犬ウェットフード
セレクトプロテイン ダック&タピオカ食物アレルギーが原因で皮膚症状や消化器症状がある犬ドライフード
消化器サポート(低脂肪) トリーツ消化器サポートで食事療法をしている犬おやつ
消化器サポート パピー消化器疾患のある子犬ドライフード
腎臓サポート慢性腎臓病の犬ウェットフード
ユリナリーS/Oストルバイト結石症やシュウ酸カルシウム結石症を発症している犬ドライフード
早期腎臓サポート初期段階の慢性腎臓病を発症している犬ドライフード
低分子プロテイン 小型犬用食物アレルギーによる皮膚症状や消化器系症状のある小型犬ドライフード
退院サポート栄養要求量が多い犬(術後や病気発症などにより少量で必要なエネルギーを補いたい犬)ウェットフード
ユリナリーS/O+満腹感サポートストルバイト結石症やシュウ酸カルシウム結石症を発症していて減量が必要な犬ドライフード
腎臓サポート慢性腎臓病の犬ドライフード
セレクトプロテイン カンガルー&オーツ食物アレルギーが原因で皮膚症状や消化器症状がある犬ドライフード
腎臓サポート セレクション慢性腎臓病の犬ドライフード
満腹感サポート減量が必要な犬、肥満の犬ウェットフード
ピルアシスト薬を飲むのが苦手な犬投薬用フード
ユリナリーS/O+低分子プロテインストルバイト結石症やシュウ酸カルシウム結石症の犬で食物アレルギーが原因で皮膚症状や消化器症状がある犬ドライフード
アミノペプチド フォーミュラ食物アレルギーで皮膚症状や消化器症状がある犬ドライフード
低分子プロテイン トリーツ低分子プロテインなどによる食事療法中の犬おやつ
ユリナリーS/O ライト下部尿路疾患を発症していて肥満傾向にある犬ドライフード
腎臓サポート 小型犬用慢性腎臓病の小型犬ドライフード

ロイヤルカナンの療法食はこちら

療法食はロイヤルカナンがおすすめ!

toy poodle eating food

今回は、ドッグフード開発者である犬の管理栄養士がロイヤルカナンドッグフードについて紹介しました。

ロイヤルカナンドッグフードは原材料や成分を中心に評判が悪く、健康体の犬にはおすすめできません。

しかし、療法食については疾患に応じた配合設計が行われており、実際に数値が安定していたり病状が良くなっている評判も多いのが特徴です。

PETPIA編集部
病気を発症していたり健康トラブルで悩んでいる方は、獣医師に一度相談してみると良いでしょう

この記事の簡単なまとめ

  1. ロイヤルカナンドッグフードは療法食が素晴らしい
  2. 健康体の犬の総合栄養食はおすすめできない
  3. 原産国や原材料、添加物に不安がある
  4. 全般的にタンパク質量が少ない
  5. クオリティの低さで評判が悪い
  6. 価格の安さで評判が良い
  7. 療法食は良い評判が多い