PS保険の口コミや評判は? 審査に落ちた時の対処方法やアニコムとの比較を徹底解説

ペット保険への加入を検討しているけれど、ペット保険の数が多いし口コミもさまざまで選びきれない飼い主さんも多いのではないでしょうか。

数多くのペット保険の中でも、手厚い補償内容と保険料の安さが特徴なのが「PS保険」です。

多くのペット保険で対象外になる「膝蓋骨脱臼(パテラ)」も補償対象で、補償割合が最大100パーセント補償のプランもあります。

そこで今回は、ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」の基本情報からメリット・デメリット、口コミ・評判やよくある質問を数多くのペット保険に関する記事を執筆し、さまざまなペット資格を保有する犬猫行動アナリストが詳しく解説していきます。

この記事の簡単なまとめ

  1. 「PS保険」は手厚い補償内容と手頃な保険料が特徴のペット保険
  2. プランによる違いは補償割合のみ
  3. 「待機期間なし」「免責金額なし」
  4. 保険金の請求方法は書類郵送のみ
  5. 審査に落ちた場合は他のペット保険も検討する

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」の基本情報

dog.red

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」の基本情報は、下記のとおりです。

  • 新規申し込みは生後30日以上8歳11ヶ月未満
  • プランは「基本プラン:50%補償プラン」「堅実プラン:70%補償プラン」「充実プラン:100%補償プラン」の3つ
  • 待機期間なし・免責金額なし
  • 保険加入者特典として獣医師相談ダイヤルが利用可能

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」は、手厚い補償内容と手頃な保険料が特徴のペット保険です。

プランは、「基本プラン:50%補償プラン」「堅実プラン:70%補償プラン」「充実プラン:100%補償プラン」の3つありますが、違いは補償割合のみで選びやすいのもメリットです。

待機期間がなく申し込みから最短で補償を受けることが可能なため、出来るだけ早く補償を受けたい飼い主さんに最適です。

免責金額設定もないため、1円からでも保険金を請求することができて自己負担金額を抑えることができます。

PETPIA編集部
2021年オリコン顧客満足度ランキングのペット保険で総合1位を受賞した実績があるペット保険です。

【ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」の基本情報】

商品名PS保険
新規申し込み年齢生後30日以上8歳11ヶ月未満
契約更新上限年齢上限なし
申し込み可能なペット猫・犬(小型犬・中型犬・大型犬)
申し込み方法書類郵送・オンライン申し込み(スマートフォン・タブレット・パソコン)
支払い方法口座振替・クレジットカード
補償内容通院・入院・手術
補償プラン
  • 基本プラン:50%補償プラン
  • 堅実プラン:70%補償プラン
  • 充実プラン:100%補償プラン
保険金請求方法書類郵送
待機期間設定なし
免責金額設定なし
ペットセレモニー特約最大30,000円
保険加入者特典獣医師相談ダイヤル
割引制度なし
問い合わせ連絡先(電話)PS保険「お客さまサービスセンター」

0120-335-573(受付:平日9:30〜17:30)

問い合わせ連絡先(フォーム)問い合わせに関するページ

PS保険のプラン

PS保険のプランで異なるのは、補償割合と保険料のみです。

通院の補償内容入院の補償内容手術の補償内容車いすの補償内容
補償金額1日あたり10,000円1日あたり20,000円1日あたり100,000円最大100,000円
補償日数1保険期間あたり20日まで1保険期間あたり30日まで1保険期間あたり2回までなし

PS保険の保険料

【50%補償プラン(特約なし)】

年齢/ペットの種類
0歳から2歳

※生後30日以上120日未満

毎月支払い:1,330

年払い:15,370円(1ヶ月あたり約1,280円)

0歳から2歳

※生後120日以上

毎月支払い:1,320

年払い:15,230円(1ヶ月あたり約1,269

3歳から5歳

毎月支払い:1,580

年払い:18,180円(1ヶ月あたり1,515

6歳から8歳

毎月支払い:2,130

年払い:24,570円(1ヶ月あたり約2,047

年齢/ペットの種類小型犬
0歳から2歳

※生後30日以上120日未満

毎月支払い:1,450

年払い:16,740円(1ヶ月あたり1,395円)

0歳から2歳

※生後120日以上

毎月支払い:1,430

年払い:16,480円(1ヶ月あたり約1,373円)

3歳から5歳

毎月支払い:1,730

年払い:19,960円(1ヶ月あたり約1,663円)

6歳から8歳

毎月支払い:2,470

年払い:28,540円(1ヶ月あたり約2,378円)

年齢/ペットの種類中型犬
0歳から2歳

※生後30日以上120日未満

毎月支払い:1,850

年払い:21,310円(1ヶ月あたり約1,775円)

0歳から2歳

※生後120日以上

毎月支払い:1,590

年払い:18,360円(1ヶ月あたり1,530円)

3歳から5歳

毎月支払い:2,130

年払い:24,570円(1ヶ月あたり約2,047円)

6歳から8歳

毎月支払い:2,780

年払い:32,090円(1ヶ月あたり約2,674円)

年齢/ペットの種類大型犬
0歳から2歳

※生後30日以上120日未満

毎月支払い:1,740

年払い:20,030円(1ヶ月あたり約1,669円)

0歳から2歳

※生後120日以上

毎月支払い:1,700

年払い:19,560円(1ヶ月あたり1,630円)

3歳から5歳

毎月支払い:2,440

年払い:28,110円(1ヶ月あたり約2,342円)

6歳から8歳

毎月支払い:3,000

年払い:34,590円(1ヶ月あたり約2,882円)

 

【70%補償プラン(特約なし)】

年齢/ペットの種類
0歳から2歳

※生後30日以上120日未満

毎月支払い:1,970

年払い:22,690円(1ヶ月あたり約1,890円)

0歳から2歳

※生後120日以上

毎月支払い:1,950

年払い:22,500円(1ヶ月あたり1,875

3歳から5歳

毎月支払い:2,170

年払い:25,090円(1ヶ月あたり約2,090

6歳から8歳

毎月支払い:2,600

年払い:29,930円(1ヶ月あたり約2,494

年齢/ペットの種類小型犬
0歳から2歳

※生後30日以上120日未満

毎月支払い:2,150

年払い:24,830円(1ヶ月あたり2,069円)

0歳から2歳

※生後120日以上

毎月支払い:2,120

年払い:24,430円(1ヶ月あたり約2,035円)

3歳から5歳

毎月支払い:2,390

年払い:27,560円(1ヶ月あたり約2,296円)

6歳から8歳

毎月支払い:3,020

年払い:34,790円(1ヶ月あたり約2,899円)

年齢/ペットの種類中型犬
0歳から2歳

※生後30日以上120日未満

毎月支払い:2,760

年払い:31,810円(1ヶ月あたり約2,650円)

0歳から2歳

※生後120日以上

毎月支払い:2,360

年払い:27,240円(1ヶ月あたり2,270円)

3歳から5歳

毎月支払い:2,940

年払い:33,910円(1ヶ月あたり約2,825円)

6歳から8歳

毎月支払い:3,390

年払い:39,110円(1ヶ月あたり約3,259円)

年齢/ペットの種類大型犬
0歳から2歳

※生後30日以上120日未満

毎月支払い:2590

年払い:29,820円(1ヶ月あたり2,485円)

0歳から2歳

※生後120日以上

毎月支払い:2,520

年払い:29,120円(1ヶ月あたり約2,426円)

3歳から5歳

毎月支払い:3,370

年払い:38,830円(1ヶ月あたり約3,235円)

6歳から8歳

毎月支払い:3,660

年払い:42,170円(1ヶ月あたり約3,514円)

【100%補償プラン(特約なし)】

年齢/ペットの種類
0歳から2歳

※生後30日以上120日未満

毎月支払い:2,460

年払い:28,390円(1ヶ月あたり約2,365円)

0歳から2歳

※生後120日以上

毎月支払い:2,440

年払い:28,120円(1ヶ月あたり約2,343

3歳から5歳

毎月支払い:2,760

年払い:31,840円(1ヶ月あたり約2,653

6歳から8歳

毎月支払い:3,500

年払い:3,5000円(1ヶ月あたり約2,916

年齢/ペットの種類小型犬
0歳から2歳

※生後30日以上120日未満

毎月支払い:2,680

年払い:30,930円(1ヶ月あたり約2,577円)

0歳から2歳

※生後120日以上

毎月支払い:2,640

年払い:30,420円(1ヶ月あたり2,535円)

3歳から5歳

毎月支払い:3,020

年払い:34,870円(1ヶ月あたり約2,905円)

6歳から8歳

毎月支払い:4,040

年払い:46,590円(1ヶ月あたり約3,882円)

年齢/ペットの種類中型犬
0歳から2歳

※生後30日以上120日未満

毎月支払い:3,390

年払い:39,160円(1ヶ月あたり約3,263円)

0歳から2歳

※生後120日以上

毎月支払い:2,920

年払い:33,700円(1ヶ月あたり約2,808円)

3歳から5歳

毎月支払い:3,690

年払い:42,560円(1ヶ月あたり約3,546円)

6歳から8歳

毎月支払い:4,510

年払い:52,060円(1ヶ月あたり約4,338円)

年齢/ペットの種類大型犬
0歳から2歳

※生後30日以上120日未満

毎月支払い:3,190

年払い:36,800円(1ヶ月あたり約3,066円)

0歳から2歳

※生後120日以上

毎月支払い:3,110

年払い:35,930円(1ヶ月あたり約2,994円)

3歳から5歳

毎月支払い:4,210

年払い:48,580円(1ヶ月あたり約4,048円)

6歳から8歳

毎月支払い:4,850

年払い:55,970円(1ヶ月あたり約4,664円)

PS保険の請求方法・解約方法は?

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」の請求方法と解約方法は、下記のとおりです。

  • 請求方法は書類郵送
  • 解約方法は書類郵送

請求方法はそれぞれについて詳しく解説します。

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」の請求方法

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」の保険金請求は、インターネット・電話・書類ダウンロードで必要書類を用意して書類を郵送する方法しかありません。

どちらの方法であっても、事前に保険証券を準備しておいてください。

【インターネット】

インターネットで手続きする場合に必ず必要な情報は、下記のとおりです。

  • 証券番号
  • 記名被保険者の名前
  • 愛犬・愛猫の名前
  • 電話番号(保険の申し込みで使用した番号・日中に連絡が取れる番号)
  • 病気や怪我をした・気づいた日付
  • 診断名や症状・治療の内容

上記以外にも必須ではない記載事項もありますので、病気や怪我に関する情報をまとめておくと良いでしょう。

【電話】

電話で請求する場合は、「PS保険お客さまサービスセンター」に問い合わせて必要書類を郵送してもらいます。

電話の際には愛犬・愛猫の症状や治療に関する情報を聞かれます。

PS保険お客さまサービスセンター:0120-335-573(受付時間は平日のみ:9:30〜17:30)

【書類ダウンロード】

ダウンロードした書類を印刷できる環境がある場合は、下記のリンク先から必要書類をダウンロードしてください。

PSペット保険 ご契約者さまページ

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」の解約方法

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」の解約方法は、解約書類の提出のみです。

解約書類は、「PS保険お客さまサービスセンター」に問い合わせて郵送してもらう必要があります

解約書類がペットメディカルサポート株式会社に届いた日の月末に解約となるため、書類の到着日に注意してください。

PETPIA編集部
12月31日に書類を郵送しても、1月1日に書類が届いた場合は1月分の保険料を支払う必要があるため、余裕を持って解約手続きを進めましょう。

PS保険お客さまサービスセンター:0120-335-573(受付時間は平日のみ:9:30〜17:30)

PS保険の審査に落ちた時の対処方法は?

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」は健康な状態の犬と猫が契約できるペット保険ですので、愛犬・愛猫の健康状態によっては審査に落ちる場合もあります

審査に落ちた原因によっては、時間を空けてから新規申し込みすると審査に通る可能性もあります

新規申し込みの上限は犬・猫ともに生後30日以上8歳11ヶ月までとなっているため、シニア犬・シニア猫の場合は申し込めなくなるかもしれません

すぐに補償を受けたい飼い主さんは、他社の待機期間なしのペット保険に申し込むと良いでしょう。

「PS保険」の口コミ・評判

dogs

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」の口コミ・評判は、下記のとおりです。

  • 補償内容に関する良い口コミ・評判
  • 保険料に関する良い口コミ・評判

それぞれについて詳しく解説します。

口コミの内容は、ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」の要約口コミを含みます。

補償内容に関する良い口コミ・評判

中型犬(3歳)の飼い主さん

「保険の切り替え時期に年齢と共に上がる保険料の大きさに更新手続きを先送りにしていたところ、規約に補償されない病名を見つけ、加入中の保険では安心できないと思い、保険会社を替える決心がつきました。(公式サイト要約口コミを抜粋)」

PETPIA編集部
どれだけ補償金額や日数に関する条件が良くても、補償対象になっていなければ意味がないので多くの病気が補償されるペット保険は安心です。

レビュー参考元

小型犬(8ヶ月)の飼い主さん

「他の会社の保険と比べるとPS保険は掛け金が安い。それでも他保険と同様の補償が受けられるのがおすすめのポイントです。

初めて犬を飼いました。生後3ヶ月のペキプーです。ワクチン接種の為に動物病院を受診した際、獣医さんから早めにペット保険に入ったほうが、治療の選択肢が増える、と言われました。

ネットで様々な保険を比較したところ、PS保険が一番納得のいく保険料と補償内容でした。(公式サイト要約口コミを抜粋)」

PETPIA編集部
大切な愛犬・愛猫が病気・怪我をしてしまった時に、出来るだけ良い治療を受けさせてあげるためにも補償内容に納得できるペット保険に加入することが重要です。

レビュー参考元

保険料に関する良い口コミ・評判

大型犬(1歳)の飼い主さん

「動物を家族に迎え入れるときに保険は絶対に必要だと思います。でも長期間となると出費もかさんでしまうので、無理のない保険料で続けられるPS保険は本当にありがたいと思います。

以前にもワンちゃんをかっていたんですが、病院で亡くなりました。

その時、保険に入っていなかったので入院の度にかなりの金額が請求されて…保険に入っておけばよかったと心底思っていたので、今、また新しく家族を迎え入れたときには保険に入ろうと決めていました!(公式サイト要約口コミを抜粋)」

PETPIA編集部
実際に高額な治療費を自己負担して「ペット保険に入っていればよかった」という飼い主さんは少なくないので、万が一の事態に備えてペット保険に入ることをおすすめします。

レビュー参考元

小型犬(8歳)の飼い主さん

「PS保険をおすすめする理由は、保険料が安いし、値段の上がり方がゆるやか。また電話などの対応がスムーズで感じが良い。

トイプードルを2匹飼っているが、遊んでいる時に膝がカクッとなり、心配になった。最初は2匹目に飼った小さい方の犬だけ入っていたが、保険料が安いので先住犬の分も加入した。(公式サイト要約口コミを抜粋)」

PETPIA編集部
多くのペット保険の中でも補償内容に比べて保険料が安いペット保険です。特に多頭飼いをしている飼い主さんであれば保険料の安さを実感しやすいでしょう。

レビュー参考元

「PS保険」のデメリット

Suprising Cat

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」のデメリットは、下記のとおりです。

  • 同じ病気や怪我の限度額が生涯での限度額として設定されている
  • 窓口精算に対応していない

それぞれについて詳しく解説します。

どのようなペット保険にもデメリットがありますので、PS保険への加入を検討している飼い主さんはデメリットがどれだけカバーできるかを考慮して加入するか考えてみましょう

同じ病気や怪我の限度額が生涯での限度額として設定されている

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」で設定されている限度額は、同じ病気や怪我で補償を受ける場合1年間の限度額ではなく生涯での限度額として設定されています

仮に4歳の時点で膝蓋骨脱臼をして、6歳までに通院や治療で限度額保険金を受け取ってしまうと、7歳以降に膝蓋骨脱臼を発症しても補償を受けることができません

PETPIA編集部
多くのペット保険は1年間の限度額として設定されているため、「PS保険」も1年で限度額がリセットされると勘違いしないように契約内容をしっかり確認しましょう。

しかし、年間補償限度額が最大で1,100,000円ですので大きな病気にかかった時でも安心です。

1つの病気や怪我に対して限度額まで保険金を受け取った場合は、他のペット保険に加入するなどの対策ができます。

「PS保険」は安い保険料が特徴のペット保険で、複数のペット保険に加入しやすいのも特徴です。

窓口精算に対応していない

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」は、窓口精算に対応していないペット保険です。

窓口精算に対応しているペット保険であれば、動物病院の窓口で保険証を提出するだけで保険を利用できて、治療費から保険金が引かれた残高の金額を支払うだけで済みます。

【窓口精算で省略できること】

  • ペット保険会社に電話で問い合わせを行う
  • 書類に必要事項を記載する
  • 保険金請求に必要な事項が記載された請求書・明細書を動物病院で用意してもらうなど

上記だけでなく、治療費が高額なケースでも一旦自己負担する必要がないなどのメリットが非常に多いです。

しかし、窓口精算に対応しているペット保険であっても指定された動物病院でなければ窓口精算できないケースもあるため、かかりつけの動物病院・近くの動物病院が対応しているかを確認する必要があります。

PETPIA編集部
「PS保険」は窓口精算に対応していませんが、必要書類を郵送するだけで保険金請求ができるため一度行えば比較的楽に保険金請求できるでしょう

「PS保険」のメリット

Sleeping Cat

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」のメリットは、下記のとおりです。

  • 保険料が安い
  • 補償対象の病気が多い
  • 待機期間なし・免責金額なし

それぞれについて詳しく解説します。

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」のメリットはどれも非常に魅力的なものです。

良いと感じるメリットがあった場合は、ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」への加入を検討してください

保険料が安い

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」は、補償内容が近いペット保険と比べると保険料が安いです。

手頃な保険料で入院・通院・手術の補償が付いており、保険料が上がるのも3歳ごとに1回ずつしか高くなりません

PETPIA編集部
ペット保険の中には毎年保険料が上がるタイプもあるので、愛犬・愛猫がシニアになった時の保険料の心配も少なくなります

他にも、24時間365日いつでも獣医師に相談できる「獣医師ダイヤル」も利用できます。

特に初めてペットと暮らす飼い主さんは、愛犬・愛猫のちょっとした変化でも「何かあったんじゃないか」と不安になることが多いと思います。

しかし、いつでも獣医師に相談できるのであれば安心できるでしょう。

補償対象の病気が多い

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」は、多くのペット保険が補償対象外にしている病気や怪我も対象となっています。

  • 膝蓋骨脱臼(パテラ)…トイ・プードル、チワワ、ヨークシャーテリア、ポメラニアンなど
  • 椎間板ヘルニア…ミニチュア・ダックスフンド、ビーグル、ウェルシュ・コーギー、メインクーン、マンチカンなど
  • 癌(悪性腫瘍)…バーニーズ・マウンテン・ドッグ、ゴールデン・レトリーバーなど
  • 歯科治療…犬全般

ペットの種類によっては上記の病気や怪我にかかりやすいケースがあるため、愛犬・愛猫の発症しやすい病気を確認しておきましょう。

またPS保険」加入前からかかっていた病気や、生まれつきの病気などは補償の対象外になってしまうため注意が必要です。

PETPIA編集部
補償対象が多いとペットの種類問わず、愛犬・愛猫に何かあった時に自己負担金額を減らすことができるので、安心して日常生活を過ごすことができるでしょう。

待機期間なし・免責金額なし

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」は、「待機期間なし」のペット保険です。

その他のペット保険に待機期間がある理由は、ペット保険に加入する前にかかっていた病気が保険加入後すぐに発症する可能性があるからです。

病気の潜伏期間として待機期間が設定されているペット保険が多いですが、ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」の場合は補償開始日直後の病気や怪我も補償してくれます。

注意点として、下記の内容の場合は保険金が支払われません。

  • ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」の補償開始日以前から行っている治療の場合
  • 怪我や病気の原因が補償開始日以前の場合
PETPIA編集部
待機期間なしのペット保険へ加入したい飼い主さんは、「ペット保険の待機期間とは?待機期間なしまたは短いペット保険11選を徹底解説!」をご確認ください。

さらにペットメディカルサポート株式会社「PS保険」は、「免責金額設定なし」のペット保険です。

免責金額とは治療費のうち自己負担しなければいけない金額のことで、ペット保険の内容によって割合が決まります。

【免責金額の一例】

  • ペットの治療にかかった費用:30,000万円
  • 加入しているペット保険内容(補償割合):60%
  • 免責金額:4,000円

上記のケースは、30,000円(ペットの治療にかかった費用)から4,000円(免責金額)を引いた26,000円の60%がペット保険によって補償されます。

つまり、補償される金額は15,600円、自己負担額が14,400円となるため飼い主さんの負担金額が大きいと感じる方もいることでしょう。

ペットの治療にかかった費用が免責金額よりも低かった場合は、治療費全額が飼い主さんの負担となってしまいます。

上記のように免責金額が設定されているペット保険に加入してしまうと、思っていたよりも自己負担金額が多くて後悔する恐れがあります

PETPIA編集部
ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」は免責金額が設定されていないため、安心して治療を受けることができるでしょう。

「PS保険」をおすすめする飼い主さんの特徴

dog.cat.009

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」をおすすめする飼い主さんの特徴は、下記のとおりです。

  • 手厚い補償内容のペット保険に加入したい飼い主さん
  • 待機期間なし・免責金額なしのペット保険に加入したい飼い主さん

それぞれについて詳しく解説します。

手厚い補償内容のペット保険に加入したい飼い主さん

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」は、幅広い補償内容と3つから選べる補償内容が特徴のペット保険です。

多くのペット保険で補償対象外とされる「膝蓋骨脱臼(パテラ)」や「歯科治療」、「椎間板ヘルニア」なども補償対象となっています。

さらに、飼い主さんに合わせたプランを選ぶことが可能です。

  • 保険料を抑えた「補償割合50%プラン」
  • 保険料と補償割合のバランスが取れた「補償割合70%プラン」
  • 自己負担金額を極力抑えた「補償割合100%プラン」

「PS保険」はプランによって補償限度額・日数が変わらないので、自身にあった補償割合を決めるだけでプランを選べます。

PETPIA編集部
手厚い補償内容と分かりやすいプランで、初めてペット保険への加入を検討している飼い主さんでも選びやすいペット保険です。

待機期間なし・免責金額なしのペット保険に加入したい飼い主さん

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」は、「待機期間なし」または「免責金額なし」のペット保険に加入したい飼い主さんにぴったりです。

「待機期間なし」または「免責金額なし」のペット保険の数は多くないため、どちらかの条件を求めている飼い主さんであれば必然的に加入候補になるでしょう。

さらに「待機期間なし」と「免責金額なし」どちらの条件もクリアしているペット保険となると、さらに探すのが困難です。

一般的には「待機期間なし」「免責金額設定なし」だと保険料が高くなる傾向にありますが、ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」は保険料も抑えられています。

PETPIA編集部
ペットが怪我や病気をするタイミングは分からないため、補償が開始されるまで不安な気持ちになることないのは飼い主さんにとって一番のメリットでしょう。

「PS保険」に関するよくある質問

dog.cat.010

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」に関するよくある質問は、下記のとおりです。

  • PS保険とアムコム損保と比較した時の違いはなんですか?
  • 保険金が振り込まれない場合はどうしたら良いですか?
  • 保険料の支払い方法は何を利用できますか?

それぞれについて詳しく解説します。

PS保険とアムコム損保と比較した時の違いはなんですか?

PS保険とアニコムと比較した時の違いは、下記のとおりです。

保険名PS保険アニコム損保(どうぶつ健保ふぁみりぃ)
新規申し込み年齢上限8歳11ヶ月7歳11ヶ月
保険請求方法書類郵送のみ窓口精算・書類郵送
補償限度の期間生涯1年間でリセット
補償割合100%・70%・50%70%・50%
通院補償限度額1日あたり10,000円(プラン共通)1日あたり14,000円(70%プランの場合)
通院補償限度額1日あたり20,000円(プラン共通)1日あたり14,000円(70%プランの場合)
通院補償限度額1回あたり100,000円(プラン共通)1回あたり140,000円(70%プランの場合)
保険料

(例:3歳の小型犬)

毎月支払い:2,390円(70%プラン)毎月支払い:3,360円(70%プラン)

補償の限度額などを見るとアニコム損保(どうぶつ健保ふぁみりぃ)の方が補償内容が良いことが分かります。

しかし、PS保険は下記の項目で上回っています。

  • 新規申し込み年齢の上限が1歳高い
  • 補償割合100%のプランがある
  • 毎月の保険料が1,000円近く安い
PETPIA編集部
補償割合などに違いがありますが、何よりも保険料が同様の条件の場合年間で12,000円近くもPS保険は安く済みます

保険金が振り込まれない場合はどうしたら良いですか?

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」は、保険金請求に必要な書類が届いてから20日以内に保険金が振り込まれます

保険金請求の書類に記載漏れや不備などがあった場合は、書類に不備がなくなってから20日以内に振り込まれるため、出来るだけ早く保険金が必要な飼い主さんは書類に不備がないように注意しましょう。

また、保険金の計算に必要な内容を確認するために動物病院などへ連絡をとる場合は、45日以内に保険金が振り込まれます

動物病院で治療などを受けてから時間が経っている内容の保険金請求は、すぐに請求したケースよりも時間がかかる恐れがあるため、可能な限り早めに保険金請求の手続きを進めましょう。

PETPIA編集部
2022年1月は書類が到着してから保険金の振り込みが完了するまで平均「10.39日」となっています。

保険料の支払い方法は何を利用できますか?

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」では口座振替・クレジットカード払いが利用可能で、支払い回数も年払い・月払いから選ぶことができます。

クレジットカードは、JCBやVISA、マスターカード以外にもアメックスやダイナースなども利用可能ですが、契約者と同じ名義のクレジットカードしか利用できないので注意が必要です。

保険料を少しでも抑えたい飼い主さんは、年払いをするのがおすすめです。

年払いであればペットの種類やプラン、年齢問わず月払いよりも1月あたり100円〜200円程度保険料を抑えることができます

PETPIA編集部
クレジットカード払いでお得に保険を利用できて、クレジットカード会社のポイントなども貯めることができるため、クレジットカード払いがおすすめです。

「PS保険」の口コミを参考に保険に入ろう!

dog.cat.001

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」の基本情報からメリット・デメリット、評判・口コミやよくある質問をさまざまなペット保険に関する記事を執筆し、多くのペット資格を保有する犬猫行動アナリストが解説してきました。

ペットメディカルサポート株式会社「PS保険」は、補償内容が良いのにも関わらず保険料も抑えられているペット保険です。

同じ病気の補償は1年間でリセットされないため補償の限度額や日数に注意が必要ですが、保険料や補償対象の内容を考慮すると多くの飼い主さんが納得できるペット保険だと思います。

この記事の簡単なまとめ

  1. 「PS保険」は手厚い補償内容と手頃な保険料が特徴のペット保険
  2. プランによる違いは補償割合のみ
  3. 「待機期間なし」「免責金額なし」
  4. 保険金の請求方法は書類郵送のみ
  5. 審査に落ちた場合は他のペット保険も検討する

関連記事:犬や猫はペット保険がいらない?もったいないと言われる理由と加入するべき人