【最新】グレインフリードッグフードおすすめ13選【コスパ・国産などを紹介】

最近では、食物アレルギーや肥満リスクの軽減、犬の消化能力に穀物が適していないといった見解から、グレインフリードッグフードが人気を集めています。

しかしながら、メーカーや種類などの選択肢が多すぎて、ドッグフード選びに悩んでしまう飼い主さんも少なくありません。

今回は、愛犬に適したグレインフリードッグフードを探している飼い主さんのために、ランキング形式で個々のグレインフリードッグフードの特徴を詳しく紹介します。

一言でグレインフリードッグフードと言っても、どのようなフードでも良いというわけでなく愛犬に適したものを探すことが大切です。

PETPIA編集部
ドッグフード開発者である犬の管理栄養士が詳しく紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

この記事の簡単なまとめ

  1. グレインフリードッグフードは穀物不使用のフード
  2. グレインフリードッグフードは消化しやすい
  3. 穀物不使用だとアレルギーリスクが減る
  4. グレインフリーでおすすめ1位はアカナドッグフード
  5. グレインフリードッグフードが高いのは製造原価が高いから
  6. グレインフリードッグフードは免疫力応援に効果的
目次

グレインフリードッグフードとは?

グレインフリードッグフードの特徴は、下記のとおりです。

  • グレイン(穀物)を使用していないドッグフード
  • グレインフリー(穀物不使用)とグルテンフリー(小麦不使用)は異なる
  • グレインフリーを与えるメリットは良質なタンパク質を与えることができる点

それぞれ詳しく解説していきます。

グレインフリードッグフードは穀物が含まれていないドッグフードで、犬の健康維持に役立ちます。

ここでは、グレインフリードッグフードとグルテンフリードッグフードの違いや、メリットについて詳しく紹介します。

穀物を使用していないドッグフード

PETPIA編集部
「グレイン」は、英語で穀類を差し、穀物が含まれていないことを「グレインフリー」と呼びます。

穀物で代表的なものは小麦やトウモロコシ、米、玄米、大麦、そば、大豆で、このような穀物を使わないで作られているドッグフードがグレインフリードッグフードです。

ドッグフード開発を請け負っていると、穀物の「植物性タンパク質」の原材料の方が肉や魚の「動物性タンパク質」より遥かに安く仕入れられるケースが多く見受けられます。

ドッグフードメーカーから米などの穀物で原価を落としたいと相談を受けることが多いのですが、犬の健康を考えるとやはり肉や魚が主原料になっているドッグフードが一番です。

PETPIA編集部
グレインフリードッグフードについては原材料費が高額になりやすいため、ドッグフード自体の価格も他のドッグフードより高額になるんですね!

グレインフリーとグルテンフリーの違い

グレインフリーは紹介させていただいた通り穀物を使用しないで作られているドッグフードです。

それに対して「グルテンフリードッグフード」は、小麦粉に含まれている「グルテニン」、「グリアジン」と呼ばれるタンパク質によって生み出される物質が含まれていないドッグフードです。

なお、小麦粉に水分を加えて混ぜ合わせるとグルテンができます。

PETPIA編集部
「グレイン」に対して食物アレルギー症状を示す犬が多いので、最近ではグルテンフリーが注目されているのですね!

その他、穀物は犬の消化に適しておらず肥満になりやすいというデメリットもあります。

グレインフリードッグフードを与えるメリット

穀物を使用せずに作られているグレインフリードッグフードは肉や魚を豊富に使用して、犬の体の構成成分やエネルギー源となるタンパク質を補っています

そのため、肉の含有量が高くなっているのが特徴です。

穀物を使用すると「植物性タンパク質」で犬に必要なタンパク質量を確保できますが、タンパク質(アミノ酸)の質が低いのがデメリットです。

タンパク質の質を考える上で、「アミノ酸スコア」という数値でタンパク質の栄養価を判定する方法があります。

PETPIA編集部
このアミノ酸スコアが100、または100に近い肉や魚が栄養素的に理想とされます!

グレインフリーとグレインフリーではないドッグフードの特徴は、以下通りです。

  1. 肉や魚、卵を中心とした動物性タンパク質原材料は、アミノ酸スコア100のものが多い
  2. 米や玄米、トウモロコシなどの穀物(植物性タンパク質)原材料は、アミノ酸スコア数値が低いものが多い

そのため、良質なタンパク質を犬に与えたい場合はグレインフリードッグフードが良いでしょう。

その他、犬は雑食だとも肉食だとも考えられますが、いずれの場合であっても肉の消化が一番得意です

PETPIA編集部
便秘や軟便、下痢、肥満を予防したり、胃腸ケアを行うためにもグレインフリードッグフードがおすすめです。

穀物に対してアレルギーがある犬の場合は、食物アレルギー対策のためにグレインフリードッグフードを活用しましょう。

グレインフリードッグフードおすすめランキング【コスパ・国産などを紹介】

おすすめのドッグフードは、下記のとおりです。

  • コスパを重要視するならアカナドッグフード
  • 小型犬成犬にはモグワンドッグフード
  • 運動量の多い犬にはブッチドッグフード
  • 安全性やオーガニックにこだわるならソルビダ
  • 消化性の良いドッグフードならYARRAHドッグフード

それぞれ詳しく解説していきます。

国産やタンパク質量などの特徴を踏まえながらランキング形式でおすすめグレインフリードッグフードを紹介します。

1位:コスパの良いグレインフリードッグフード|アカナドッグフード

アカナドッグフードのヘリテージシリーズ、シングルシリーズ、レジオナルシリーズのドッグフードは、グレインフリーで作られています。

アカナのは、肉や魚の良質な動物性タンパク質が主原料となっております。

PETPIA編集部
そのため、一般的なドッグフードと比較すると肉や魚の使用割合やタンパク質量が多いのですね!

新鮮な原材料はもちろんのこと、自社キッチンや犬が生物学上必要とする栄養バランスにこだわりが強くコスパの良さでも評判です。

アカナのグレインフリードッグフードを選ぶときは、ヘリテージシリーズ、シングルシリーズ、レジオナルシリーズのいずれかで探してみましょう。

なお、アカナの種類別のランキングやそれぞれの商品の特徴は【アカナドッグフードの評判は?全20種類の成分を犬の管理栄養士が比較】で紹介しております。

アカナグレインフリードッグフード

2位:小型犬の成犬におすすめグレインフリードッグフード|モグワン

モグワンドッグフードは、2021年12月の時点で累計販売数が250万パックを突破している評判の良いドッグフードです。

原材料は、人が食べることのできる基準のものを使用。

PETPIA編集部
動物性タンパク質が原材料の50%以上を占める嗜好性の高い犬の消化能力に適したドッグフードです。

主原料に新鮮で良質な鶏肉とサーモンを使用しており、嗜好性の高さでも人気を集めています。その他、穀物はもちろんのこと香料や着色料も使用していません。

モグワングレインフリードッグフード

3位:大型犬や運動量の多い犬におすすめのグレインフリードッグフード|ブッチ

ブッチのグレインフリードッグフードは、人が食べられる基準のヒューマングレードであることはもちろん、アレルギーや健康被害の原因になりやすい人工添加物を使用せずに作られています。

また、本来歴史的に犬が食べてきた生肉に近い水分量(約70%)に調整することで、スムーズに消化でき、胃腸に負担がかかりにくいのが特徴です。

PETPIA編集部

犬の腸には体全体の免疫細胞の半数以上が集中しているので、腸の健康を維持することで様々な病気予防が期待できるのです!

その他、消化しやすい肉や魚は原材料のなんと92%(最大)を占めており、嗜好性が高いことも愛犬家たちから評判です。

原材料や総合栄養食基準を満たした栄養バランスなど、様々な観点からランキングでは1位になってもおかしくないドッグフードですが、ドライフードと比較すると給与量が多くなるためコスト的な部分を配慮して3位となっております。

ブッチグレーンフリードッグフード

4位:オーガニックチキン生肉が原材料の安心グレインフリードッグフード|ソルビダ チキン

ソルビダのグレインフリードッグフード(チキン)は、主原料がなんとオーガニックの生肉チキン。

総合栄養食基準を満たした栄養バランスの良さや、原材料へのこだわりが強いドッグフードです。

PETPIA編集部

素材そのものの旨みを生かしているため、嗜好性の高さでも人気を集めています!

素材は、ヒューマングレードなことはもちろんですが、人の赤ちゃんを基準とした安心原材料を使用しているため、安全性に優れているのも魅力の1つではないでしょうか。

ちなみにドッグフードの原材料の70%以上が、アメリカのオーガニック認証機関である「オレゴンティルス(OREGON TILTH)」による認定を得ているそうです。

ソルビダグレインフリードッグフード

5位:便の状態が安定しない犬にお勧め|YARRAH(ヤラー)ドッグフード グレインフリー

YARRAH(ヤラー)ドッグフードには数多くのレパートリーがありますが、中でも消化しやすいグレインフリードッグフードは人気です。

オーガニックチキンの配合割合を高くしており、高タンパク質な原材料が愛犬の健康をサポートしてくれるのではないでしょうか。

PETPIA編集部
主原料が犬が好みやすいチキンということもあり、食いつきの良さでも評判のドッグフードです!

ヤラードッグフードはラインナップ問わずに、オーガニック先進国であるヨーロッパでオーガニックペットフードのシェア率がNo.1という安心・安全なドッグフードです。

また、原材料が100%オーガニックであるというのも珍しく、オランダとフランス、ドイツで厳選な審査のもとオーガニック認証を取得しているので世界の愛犬家たちに人気が高まっています。

YARRAH(ヤラー)グレインフリードッグフード

6位:食べムラ多い小型犬におすすめ|カナガングレインフリードッグフード

食いつきの良さで評判のカナガンドッグフードは、良質なヒューマングレードチキンを50%以上使用しており、生肉の加工も人間の食品工場で行われています。

犬の消化能力に適さない小麦やトウモロコシなど使用せずに、質の良い食物繊維源としてサツマイモやエンドウ豆を使用しています。

PETPIA編集部
適度な食物繊維配合で、便の状態が不安定な犬にもおすすめ!

また、ドッグフードの粒サイズが小さくて真ん中が空洞になっているので、超小型犬や小型犬が丸呑みしても安心です。

なお、カナガンドッグフードは総合栄養食表記がされておらず、栄養素をAAFCO(全米飼料検査官協会)の基準と比較すると完璧には満たしていませんが、大幅には違わないようです。

公式サイトのレビューでは4.8の高評価を獲得しており、Yahoo!ショッピングサイトでも4.51の高評価になっています(2021年12月22日現在)。

カナガングレインフリードッグフード

7位:シニア犬におすすめのグレインフリードッグフード|アカナシニアドッグ

アカナドッグフードシリーズのシニアドッグは、穀物だけでなくジャガイモやタピオカも不使用で作られています。

シニア犬ドッグフードの多くは、単純にタンパク質や脂質を制限している商品が多いのが特徴です。

PETPIA編集部
しかし、運動量が少なくなったシニア犬であっても一番重要となる栄養素はタンパク質なのです!

免疫力が低下したり病気を発症しやすい老犬だからこそ、本来犬が必要とする肉の栄養が必要となりますが、シニアドッグは原材料の65%が放し飼いの新鮮鶏肉や天然カレイ、卵で作られているのが特徴です。

楽天ランキングでもドッグフード全体で3位を獲得しているほど人気で、194件のレビューで4.68の高評価を得ています(2021年12月22日現在)。

なお、食いつきの良さやコスパの良さがレビューコメントで多く寄せられています。

PETPIA編集部

食べムラがあるシニア犬のオーナーさんは、試してみると良いでのはないでしょうか。

アカナシニアドッググレーンフリー

8位:パピーにおすすめのグレインフリードッグフード|オリジンパピー

オリジンパピーのグレインフリードッグフードは、約85%に動物性タンパク質源である肉や臓器、軟骨や魚、卵を使用しています。

そのため、子犬の体の発育や健康をサポートします。

また、鶏肉がフリーズドライされており七面鳥のレバー部分を使用しているため、子犬の嗜好性を高めるためにも効果的です。

楽天ランキングでは、ラインナップは違うもののオリジン社のオリジンオリジナルがドッグフード全体で2位を獲得しているほど人気が高いのが特徴です(2021年12月22日現在)。

PETPIA編集部

ラインナップ問わずに、安全性や栄養学的観点から人気の高いブランドなんですね!

なお、レビューコメントでは、パッケージを開けた途端に人が嗅いでも良い香りがするというようなコメントも多いので、食べムラのあるパピーは試してみると良いでしょう。

オリジンパピーグレインフリードッグフード

9位:ダイエットしたい小型犬におすすめ|ナチュラハ グレインフリー サーモン&野菜入り

ナチュラハのグレインフリードッグフード(サーモン&野菜入り)は、超小型犬や小型犬用に作られているドッグフードで主原料が生のサーモンを中心とした魚介類でできています。

PETPIA編集部

穀物はもちろんですが、保存料や合成酸化防止剤、着色料を使用せずに作られているため、安心して愛犬に与えられるのではないでしょうか。

脂肪分やカロリーが制限されており食物繊維を適度に配合しているため、ダイエットが必要な犬や室内飼育で運動量が少ない超小型犬・小型犬におすすめです。

アマゾンのレビューでも高評価で、下痢や食糞、涙やけが改善したという感想が寄せられています(2021年12月22日現在)。

ナチュラハグレインフリードックフード

10位:免疫力を高めたい犬におすすめ|ziwipeak グレインフリー エアドライビーフ

ziwipeakのグレインフリーエアドライは穀物不使用のグレーンフリードッグフードで、原材料の98%以上に生肉や内臓、魚介類を使用しているため全犬種におすすめです。

PETPIA編集部

総合栄養食では珍しいエアドライ製法を取り入れることで、消化率が95%以上となっており犬の胃腸ケアにも役立ちます。

消化器官に負担がかかりにくいため、免疫力を高めたい犬に最適なドッグフードではないでしょうか。

その他、アレルギーの原因になりやすい豆類や芋類、増量剤を使用していないので、食物アレルギーがある犬にはぜひ試してもらいたい商品です。

なお、ziwipeakのグレインフリーエアドライにはビーフの他にぺ二ソンやチキンがあるため、愛犬に牛肉アレルギーがある場合はペニソンやチキンを試すと良いでしょう。

ziwipeakのグレインフリーエアドライドッグフード

11位:|四肢や関節の健康維持に役立つ|フレッシュダック(スリムキブル)

フレッシュダック(スリムキブル)は、動物の毛や皮、胃などのミートミール不使用のグレインフリードッグフード。

肉の栄養素や旨味が凝縮されています。

フレッシュダックを原材料の35%程度使用しており、犬の関節の形成成分であるグルコサミンやコンドロイチンを配合しています。

PETPIA編集部

そのため、脱臼や亜脱臼、股関節形成不全などの四肢や関節トラブルの多い犬種におすすめです。

また、「コールドプレス製法」という特殊製法で製造されていることから、食材の栄養素を最大限に活用でき旨みを保てます。

その他、使用されている肉類が全てヒューマングレードのフレッシュミートということから、愛犬家たちの支持を得てます。

フレッシュダック(スリムキブル)ドッグフード

12位:|国産のプレミアムグレインフリードッグフード|ZEN プレミアムドッグ

ZENのプレミアムドッグは、穀物不使用なことはもちろん、主原料が新鮮な国産白身魚で作られているためアレルギーの多い犬にもおすすめです。

PETPIA編集部

白身魚は、低アレルギー食材として有名ですが、プレミアムドッグはその他の原材料にもこだわっているのです。

えごまやココナッツオイルというような人の健康食品でも人気の高い機能性成分を配合しています。

合成保存料や着色料、香料、中国産の原料を使用していないおすすめの総合栄養食です。

ZEN プレミアムドッグ

13位:アレルギーの多い小型犬におすすめ|HAPPY DOG (ハッピードッグ) ミニ モンタナ (馬肉)

HAPPY DOG (ハッピードッグ) ミニ モンタナ (馬肉)は、グレインフリーで原材料選びにこだわりを持っており高タンパク・低脂肪ドッグフードです。

滋養強壮に優れている馬肉を主原料として、ペット先進国であるドイツの獣医師が推奨するドッグフードなので、安心して愛犬に与えられるのではないでしょうか。

また、小型犬の場合は皮膚トラブルが多いのが特徴ですが、皮膚や被毛の健康維持に配慮されており嗜好性が高いため、食べムラの多い小型犬にもおすすめです。

原材料は人が食べることのできる基準のものを厳選しています。

PETPIA編集部

遺伝子組み換え作物や化学合成添加物を使用していないのも、評価が高い理由になっています。

なお、国内ではAAFCO(全米飼料検査官協会)の基準に基づいて総合栄養食表記を行なっていますが、HAPPY DOG (ハッピードッグ) のドッグフードはFEDIAF(欧州ペットフード工業連合会)の栄養基準に基づいて作られてますので、総合栄養食表記がないものの栄養バランスに優れたドッグフードです。

なお、HAPPY DOG (ハッピードッグ) にはミニ モンタナ以外にも豊富なラインナップがあるので、愛犬の好みや年齢に合わせて選ぶことをおすすめします。

主原料がポテト*、ホースプロテインだったことからランキングでは最下位にしていますが、アマゾンランキングでは食物アレルギーの犬に良い、アトピーが治ったなど評価の高いコメントが多くあります(2021年12月21日現在)。

HAPPY DOG (ハッピードッグ) グレインフリードッグフード

<グレインフリードッグフード一覧>

粗タンパク質原産国主原料対象総合栄養食おすすめの犬
1位:アカナ31〜35%以上(乾物量換算)カナダ種類によって異なる種類によって異なる種類によって異なる
2位:モグワン30%以上(乾物量換算)イギリスチキン&サーモン子犬・成犬・シニア犬小型犬
3位:ブッチ10.5%以上ニュージーランド種類によって異なるが、良質な肉が主原料子犬・成犬・シニア犬運動量の多い犬
4位:ソルビダ25%以上(乾物量換算)アメリカオーガニックチキン生肉成犬全犬種
5位:YARRAH(ヤラー)32%以上(乾物量換算)オランダ鶏肉成犬便の状態が安定しない犬
6位:カナガン33%以上(乾物量換算)イギリス骨抜きチキン生肉子犬・成犬・シニア犬食べムラの多い小型犬
7位:アカナシニア33%以上(乾物量換算)カナダ新鮮鶏肉シニア犬シニア犬全般
※腎臓に問題がない犬
8位:オリジンパピー38%以上(乾物量換算)アメリカ新鮮鶏肉子犬全犬種の子犬
9位:ナチュラハ(サーモン&野菜入り)23%以上(乾物量換算)アメリカ魚介類(サーモン/生肉)成犬体重管理をしたい超小型犬・小型犬
10位:ziwipeak38%以上(乾物量換算)ニュージーランド生肉・内臓・魚介類子犬・成犬・シニア犬免疫力を高めたい犬
11位:フレッシュダック20.5%以上(乾物量換算)オランダフレッシュサーモン子犬・成犬・シニア犬四肢や関節トラブルが多い犬
12位:ZEN 27.5%以上(乾物量換算)日本(国産)白身魚子犬・成犬・シニア犬食物アレルギーがある犬全般
13位:HAPPY DOG (ハッピードッグ) 24.0%以上ドイツポテト*、ホースプロテイン成犬〜シニア犬アレルギーのある小型犬・皮膚や被毛の健康サポートをしたい小型犬

グレインフリードッグフードでよくある疑問まとめ

よくある質問の回答は、下記のとおりです。

  • グレインフリードッグフードは原価が高いので価格も高い
  • グレインフリードッグフードはコスパが良い
  • グレインフリードッグフードは犬の健康に本当に良い

それぞれ詳しく解説していきます。

Q グレインフリードッグフードはなぜ全般的に高いのですか?

グレインフリードッグフードは、原価の安い米や玄米、トウモロコシなどの穀物を使用していないため、タンパク質原材料が仕入れ価格の高い肉や魚に絞られます。

PETPIA編集部

このような背景から、どうしても一般的なドッグフードより販売価格が高くなってしまうのですね。

一昔前では仕入れ価格の安いトウモロコシが多く使用されてきましたが、犬が家族の一員として大切にされるようになってからは人と同じように犬も個体差に適した食事管理が重要視されているため、少し価格が高くてもグレインフリードッグフードを選択する飼い主さんが増えています。

Q グレインフリードッグフードはコスパが良いのですか?

もちろんメーカーや種類によってコスパの良さが違いますが、グレインフリードッグフードは全般的にコスパが良いのが特徴です。

ドッグフードを開発している時に様々なメーカーの原材料の仕入れ価格を見積もりますが、やはり米や玄米、トウモロコシと比較すると肉や魚は原材料費が圧倒的に高額になります。

PETPIA編集部

原材料費の比率と、胃腸への負担軽減を中心に愛犬の健康維持を総合的に配慮すると、コスパが良いという結論に至ります。

Q グレインフリードッグフードは本当に犬に良いのですか?

犬の管理栄養士としては、やはり犬がもともと食べてきた肉や魚を中心とした食事管理をおすすめします。

穀物を中心とした植物性のタンパク質源は、免疫細胞の半数以上が集中している腸に負担をかけやすく、肥満の原因にもなります。

犬は雑食だという見解もありますが、いずれにしても犬は腸の短さから肉の消化が一番得意ですので、グレインフリードッグフードの方が犬の健康維持には効果的です。

またドッグフードの選定に悩む方は、国産のドッグフードも非常におすすめです。国産ドッグフードおすすめランキング【18選】安全性や獣医師おすすめを参考にしていただければ幸いです。

愛犬に適したグレインフリードッグフードを選ぼう!

今回は、グレインフリードッグフードの特徴や与えるメリット、おすすめのグレインフリードッグフードをランキング形式で紹介しました。

PETPIA編集部

犬は歴史的に動物性タンパク質を主な栄養源として摂取してきており、米やトウモロコシなどの穀物の栄養素をうまく体に取り入れられません。

また、タンパク質の質を判断する基準である「アミノ酸スコア」に関しては、穀物類はスコア数値が低いものが多いのが特徴です。

愛犬の健康を維持するためには、毎日の消化性の良い食事管理が大切ですので、ぜひグレインフリードッグフードを試してみましょう。

ドッグフードを酸化から守って愛犬に新鮮な状態で与えることもドッグフードを与える上で非常に重要になります。

関連記事:【最新版】おすすめドッグフードストッカー20選【ニトリやカインズ、無印など】

この記事の簡単なまとめ

  1. グレインフリードッグフードは穀物不使用のフード
  2. グレインフリードッグフードは消化しやすい
  3. 穀物不使用だとアレルギーリスクが減る
  4. グレインフリーでおすすめ1位はアカナドッグフード
  5. グレインフリードッグフードが高いのは製造原価が高いから
  6. グレインフリードッグフードは免疫力応援に効果的