グレインフリーキャットフードおすすめランキング【18選】デメリットや国産商品を徹底解説

最近ではペットに関する食の意識が高まっており、「愛猫には良いキャットフードを与えたい」と考えている飼い主さんが多いのではないでしょうか。

特にグレインフリーのキャットフードを与えたいと考えている飼い主さんも増えてきていると思いますが、種類が多くてどのキャットフードが良いのか悩んでいる飼い主さんも多いと思います。

そこで今回は、グレインフリーキャットフードのメリット・デメリット、おすすめグレインフリーキャットフードなどについて、数多くのペットフードに関する記事の執筆や監修をしてきた犬猫行動アナリストが詳しく紹介していきます。

この記事の簡単なまとめ

  1. グレインフリーキャットフードは穀物不使用のフード
  2. グレインフリーキャットフードはタンパク質量が多い
  3. 穀物不使用だとアレルギーリスクが減る
  4. グレインフリーキャットフードは原材料にこだわっている商品が多い
  5. グレインフリーキャットフードが高いのは製造原価が高いから

グレインフリーキャットフードとは?

cat-010

グレインフリーキャットフードの特徴は、下記のとおりです。

  • グレイン(穀物)を使用していないキャットフード
  • グレインフリー(穀物不使用)とグルテンフリー(小麦不使用)は異なる

それぞれ詳しく解説していきます。

グレインフリーキャットフードは穀物が含まれていないキャットフードで、穀物アレルギーがある猫の健康維持に役立ちます。

ここでは、グレインフリーキャットフードとグルテンフリーキャットフードの違いや、メリットについて詳しく紹介します。

穀物を使用していないキャットフード

PETPIA編集部
「グレイン」は、英語で穀類を差し、穀物が含まれていないことを「グレインフリー」と呼びます。

穀物で代表的なものは小麦やトウモロコシ、米、玄米、大麦、そば、大豆で、このような穀物を使わないで作られているキャットフードがグレインフリーキャットフードです。

原材料費を調べてみると、穀物の「植物性タンパク質」の原材料の方が肉や魚の「動物性タンパク質」より遥かに安く仕入れられるケースが多く見受けられます。

キャットフードメーカーには米などの穀物で原価を落としたいと考えている会社が多いのですが、猫の健康を考えるとやはり肉や魚が主原料になっているキャットフードが一番です。

PETPIA編集部
グレインフリーキャットフードについては原材料費が高額になりやすいため、キャットフード自体の価格も他のキャットフードより高額になってしまいます。

グレインフリーとグルテンフリーの違い

グレインフリーは紹介させていただいた通り穀物を使用しないで作られているキャットフードです。

それに対して「グルテンフリーキャットフード」は、小麦粉に含まれている「グルテニン」、「グリアジン」と呼ばれるタンパク質によって生み出される物質が含まれていないキャットフードです。

なお、小麦粉に水分を加えて混ぜ合わせるとグルテンができます。

PETPIA編集部
市販されているキャットフードで見られるのものはほとんどがグレインフリーキャットフードで、グルテンフリーキャットフードというのはあまり目にする機会がないかもしれません。

グレインフリーキャットフードを与えるメリット

cat-012

穀物を使用せずに作られているグレインフリーキャットフードは肉や魚を豊富に使用して、猫の体の構成成分やエネルギー源となるタンパク質を補っています

そのため、肉の含有量が高くなっているのが特徴です。

穀物を使用すると「植物性タンパク質」で犬に必要なタンパク質量を確保できますが、タンパク質(アミノ酸)の質が低いのがデメリットです。

タンパク質の質を考える上で、「アミノ酸スコア」という数値でタンパク質の栄養価を判定する方法があります。

PETPIA編集部
このアミノ酸スコアが100、または100に近い肉や魚が栄養素的に理想とされます!

グレインフリーとグレインフリーではないキャットフードの特徴は、以下通りです。

  • 肉や魚、卵を中心とした動物性タンパク質原材料は、アミノ酸スコア100のものが多い
  • 米や玄米、トウモロコシなどの穀物(植物性タンパク質)原材料は、アミノ酸スコア数値が低いものが多い

そのため、良質なタンパク質を愛猫に与えたい場合はグレインフリーキャットフードが良いでしょう。

グレインフリーキャットフードを与えるデメリット

cat-surprised

グレインフリーのキャットフードは穀物を使用しないため原材料が高くなりやすく、キャットフードの金額も高くなる傾向があります。

どんなに良いキャットフードであっても継続して与えられないと意味がないため、無理をして高額なキャットフードを購入しないように注意しましょう

他にも、グレインフリーにすることで炭水化物量が減少しタンパク質量が多くなってしまいます

健康な猫であれば問題ありませんが、シニア猫やタンパク質量を制限している猫が摂取してしまうと腎臓・肝臓に負担がかかり逆に健康トラブルを引き起こす恐れがあります。

PETPIA編集部
シニア猫にタンパク質量が多いグレインフリーキャットフードを与える場合は、獣医師に確認してから与えましょう。

グレインフリーキャットフードおすすめ【18選】

cat-011

グレインフリーキャットフードでおすすめの商品は、下記のとおりです。

  • 愛猫家アンケートで3冠獲得!モグニャンキャットフード
  • 食いつきがすごい!カナガンキャットフード
  • 国産無添加!犬猫生活キャットフード
  • 魚好き・アレルギーが多い猫におすすめ!クプレラ ホリスティックグレインキャットフード
  • 4つのバリエーションから選べる!NOW FRESH キャットフード
  • 肉の含有量が75%!アカナ キャットフード
  • 栄養素が詰まったグレインフリーキャットフード!ジウィピーク キャットフード
  • お手頃価格!ピュリナワン キャットグレインフリー

それぞれについて詳しく解説します。

愛猫家アンケートで3冠獲得!モグニャンキャットフード

モグニャンは新鮮な白身魚を豊富に含む、高タンパクなグレインフリーキャットフードです。

モグニャンキャットフードは新鮮な白身魚を65パーセントも使用しており、猫の健康に役立つ栄養素が含まれたリンゴやカボチャ、サーモンオイルが含まれています。

ペットの先進国であるイギリスのペットフードを専門に扱う工場で製造されているため、品質管理が徹底されています。

モグニャンキャットフードは定期購入することで、最大20パーセント安く購入することが可能です。

通常価格が税込4,356円が6袋以上まとめて定期購入すると、1袋あたり3,484円で購入できます。

PETPIA編集部
良質なグレインフリーキャットフードが安く購入できるのは、継続して与えやすいので嬉しいポイントです。

モグニャンキャットフードを愛猫に与えても大丈夫なのか心配な飼い主さんは、ペットに関する専門的知識を持ったスタッフが電話やメールで相談に乗ってくれますので、気になる方は一度相談してみてください。

電話番号:0570-200-012

平日11:00〜18:00(土日祝日休み)

問い合わせフォーム:モグニャンキャットフード問い合わせフォーム

【モグニャンキャットフードの基本情報】

公式サイトモグニャン公式サイト
主原料白身魚65%、タピオカ、ジャガイモ、エンドウ豆タンパク、ビール酵母、サツマイモ、ココナッツオイル、セルロース、サーモンオイル、フィッシュスープ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャなど
添加物人工添加物不使用(酸化防止剤は天然由来のローズマリー抽出物)
対象年齢2ヶ月以上の子猫〜シニア猫までオールステージOK
カロリー100gあたり379kcal

食いつきがすごい!カナガンキャットフード

カナガンキャットフードは、英国王室エリザベス女王から表彰されているグレインフリーキャットフードです。

原材料の60パーセント以上が良質なチキンまたはサーモンなどの魚類で、使われている食材はヒューマングレードなため、愛猫に安心して与えることができます。

カナガンキャットフードは愛猫の好みやアレルギーに合わせて、チキン・サーモンの2つから選ぶことができます

カナガンキャットフード公式サイトで定期コースに申し込み、合計金額が20,000円以上になると20パーセントオフで購入することが可能です。

PETPIA編集部
出来るだけ安く購入したい飼い主さんは、公式サイトでお得に購入するのがおすすめです。

【カナガンキャットフードの基本情報】

公式サイトカナガンキャットフード公式サイト
主原料

(チキン)

乾燥チキン35.5%、チキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、チキンオイル4.2%、乾燥卵4%、チキングレイビー2.3%、 サーモンオイル1.2%など
主原料

(フィッシュ)

生サーモン31.5%、乾燥サーモン15%、乾燥ニシン15%、乾燥白身魚14%、サツマイモ、サーモンオイル5%、ジャガイモ、生マス2.5%、ジャガイモタンパク、サーモンスープ2%など
添加物人工添加物不使用
対象年齢2ヶ月以上の子猫〜シニア猫までオールステージOK
カロリー100gあたり405kcal

国産無添加!犬猫生活キャットフード

犬猫生活キャットフードは、国産無添加で素材にこだわったグレインフリーキャットフードです。

健康だけでなく美味しさにもこだわっており、下記の食材を使用しています。

  • 金沢港の旬の魚
  • 九州地域の味わい豊かな鶏肉
  • 旨味の強い金沢産の和牛
  • 食欲のそそる香りの鶏レバー

全ての食材には猫の健康に役立つ栄養素が含まれており、産地が全て公開されているため安心して愛猫に与えられます。

PETPIA編集部
お腹の健康をサポートするために乳酸菌やオリゴ糖が配合されているので、お腹の調子を崩しやすい猫にも最適です。

公式サイトでは初回限定550円で試すことができるため、気になる飼い主さんは一度試してください。

【犬猫生活キャットフードの基本情報】

公式サイト犬猫生活キャットフード公式サイト
主原料生肉(鶏肉)、牛肉、金沢港の旬の魚、鶏レバー、イモ類(じゃがいも、さつまいも)、豚油かすなど
添加物人工添加物不使用(酸化防止剤は天然由来のローズマリー抽出物)
対象年齢2ヶ月以上の子猫〜シニア猫までオールステージOK
カロリー100gあたり373kcal

 

魚好き・アレルギーが多い猫におすすめ!クプレラ ホリスティックグレインキャットフード

クプレラ ホリスティックグレインキャットフードは、魚類を主原料としているグレインフリーキャットフードです。

子猫からシニア猫まで与えることができるだけでなく、穀類以外の下記の原材料も含まれていません

  • 擬似穀類
  • 豆類
  • コーン
  • 果実など
PETPIA編集部
消化能力が生まれつき弱い猫・アレルギーが多い猫でも安心して与えらるでしょう。

消化酵素やマルチビタミン、プロバイオティクス、必須アミノ酸が含まれているため、腸内環境を整えて身体の内側から健康をサポートしてくれます。

【クプレラ ホリスティックグレインキャットフードの基本情報】

公式サイトクプレラキャットフード公式サイト
主原料魚類(ギンヒラス、シロギス、豪州真ダイ)、サツマイモ、 魚油、 藻類(昆布)、モンモリロナイト、ユッカ、白菜など
添加物人工添加物不使用(酸化防止剤は天然由来のローズマリー抽出物)
対象年齢2ヶ月以上の子猫〜シニア猫までオールステージOK
カロリー100gあたり395kcal

4つのバリエーションから選べる!NOW FRESH キャットフード

NOW FRESH キャットフードは名前のとおり新鮮さを追求したキャットフードで、4種類全てグレインフリーキャットフードです。

原材料は全て新鮮で安全性の高い食材が使用されており、成長ホルモン剤を使用した肉や化学的防腐剤を使用していないため安全性の高さも魅力の1つです。

PETPIA編集部
愛猫のアレルギーや体質に合わせて選べるため、グレインフリー以外のアレルギーや問題を抱えている場合でも与えやすいでしょう。
  • アダルトキャット:ターキーが主原料のグレインフリーキャットフード。
  • キトン:子猫用のグレインフリーキャットフード。
  • シニアキャット&ウェイトマネジメント:ダイエット向きで低脂肪なグレインフリーキャットフード。
  • フレッシュアダルトキャット:魚類が主原料の肉類が入っていないグレインフリーキャットフード。

上記のようにそれぞれ特徴があるため、愛猫にあったグレインフリーキャットフードを与えてみてください。

【NOW FRESH キトンの基本情報】

商品名NOW FRESH キトン
添加物酸化防止剤はミックストコフェロールを使用
対象年齢全年齢
原材料ターキー生肉(骨抜き)、乾燥鶏卵、エンドウ豆、ポテト、ポテト粉、エンドウ豆粉、ナチュラルフレーバー(チキン由来)、キャノーラ油、フラックスシード、ココナッツ油、サーモン生魚(骨抜き)、ダック生肉(骨抜き)、アルファルファ、エンドウ豆繊維、トマト、リンゴ、ニンジン、カボチャ、スイートポテト、スクワッシュ(カボチャ類)、バナナ、ブルーベリー、クランベリー、ブラックベリー、ザクロ、パパイヤ、レンズ豆、ブロッコリー、カッテージチーズ
カロリー1kgあたり3,972kcal

【NOW FRESH アダルトキャットの基本情報】

商品名NOW FRESH アダルトキャット
添加物酸化防止剤はミックストコフェロールを使用
対象年齢成猫用
原材料ターキー生肉(骨抜き)、エンドウ豆、ポテト、乾燥鶏卵、エンドウ豆粉、ポテト粉、ナチュラルフレーバー(チキン由来)、キャノーラ油、ココナッツ油、サーモン生魚(骨抜き)、ダック生肉(骨抜き)、フラックスシード、エンドウ豆繊維、アルファルファ、トマト、リンゴ、ニンジン、カボチャ、スイートポテト、スクワッシュ(カボチャ類)、バナナ、ブルーベリー、クランベリー、ブラックベリー、ザクロ、パパイヤ、レンズ豆、ブロッコリー、カッテージチーズ
カロリー1kgあたり3,872kcal

【NOW FRESH フレッシュアダルトの基本情報】

商品名NOW FRESH フレッシュアダルト
添加物酸化防止剤はミックストコフェロールを使用
対象年齢成猫用
原材料マス生魚(骨抜き)、ポテト、エンドウ豆、乾燥鶏卵、ポテト粉、エンドウ豆粉、ナチュラルフレーバー(フィッシュ・チキン由来)、キャノーラ油、フラックスシード、ココナッツ油、サーモン生魚(骨抜き)、大西洋ニシン生魚(骨抜き)、トマト、アルファルファ、リンゴ、ニンジン、カボチャ、スイートポテト、スクワッシュ(カボチャ類)、バナナ、ブルーベリー、クランベリー、ブラックベリー、ザクロ、パパイヤ、レンズ豆、ブロッコリー
カロリー1kgあたり3,895kcal

【NOW FRESH シニアキャット&ウェイトマネジメントの基本情報】

商品名NOW FRESH シニアキャット&ウェイトマネジメント
添加物酸化防止剤はミックストコフェロールを使用
対象年齢成猫用
原材料ターキー生肉(骨抜き)、ポテト、エンドウ豆、エンドウ豆繊維、ポテト粉、乾燥鶏卵、ナチュラルフレーバー(チキン由来)、フラックスシード、キャノーラ油、サーモン生魚(骨抜き)、ダック生肉(骨抜き)、アルファルファ、ココナッツ油、トマト、リンゴ、ニンジン、カボチャ、スイートポテト、スクワッシュ(カボチャ類)、バナナ、ブルーベリー、クランベリー、ブラックベリー、ザクロ、パパイヤ、レンズ豆、ブロッコリー、カッテージチーズ
カロリー1kgあたり3,528kcal

肉の含有量が75%!アカナ キャットフード

アカナ キャットフードは、肉の含有量が75パーセント(半分は新鮮な肉・魚)のグレインフリーキャットフードです。

アカナは原材料の仕入れからキャットフードが完成するまで、全てチャンピオンペットフーズ社で行っているため鮮度が良い状態のまま加工することができます

アカナ キャットフードは全てグレインフリーですので、愛猫の好みやアレルギーなどに合わせて選ぶことが可能です。

PETPIA編集部
肉の含有量が多いと食いつき良くなる効果が期待できるため、食べムラがある猫にもおすすめです。
  • ワイルドプレイリーキャット:鶏肉が主原料のグレインフリーキャットフード。
  • パシフィカキャット:魚肉が主原料のグレインフリーキャットフード。
  • グラスランドキャット:ラム肉が主原料のグレインフリーキャットフード。

上記のようにそれぞれ特徴があるため、愛猫にあったグレインフリーキャットフードを与えてみてください。

【アカナ ワイルドプレイリーキャットの基本情報】

公式サイトアカナ ワイルドプレイリーキャット公式サイト
添加物ビタミンE・ローズマリーを天然保存料として使用
対象年齢全年齢
原材料鶏肉(9%)、七面鳥肉(9%)、鶏内臓(レバー、ハツ、腎臓) (9%)、鶏肉ミール(8%)、七面鳥肉ミール(8%)、丸ごとニシンミール(8%)、丸ごとグリンピース、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、鶏脂肪(5%)、新鮮全卵(4%)、天然ウォールアイ(4%)、天然トラウト(4%)、七面鳥内臓(レバー、ハツ、腎臓) (4%)、丸ごと緑レンズ豆、丸ごとピント豆、丸ごとイエローピース、タラ油(2%)、日干しアルファルファ、乾燥鶏軟骨(1%)、乾燥ブラウンケルプ、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、パースニップ、グリーンケ―ル、ホウレン草、カラシ菜、カブラ菜、ニンジン、レッドデリシャスリンゴ、バートレット梨(※こちら原材料は全て新鮮なものを使用しています。)
カロリー1kgあたり4,100kcal

【アカナ パシフィカキャットの基本情報】

公式サイトアカナ パシフィカキャット
添加物ビタミンE・ローズマリーを天然保存料として使用
対象年齢全年齢
原材料丸ごと太平洋ニシン (16%)、丸ごと太平洋イワシ(13%)、丸ごとアブラカレイ(8%)、丸ごとニシンミール(8%)、太平洋タラミール(8%)、丸ごとシロガネダラミール(8%)、丸ごとグリンピース、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、丸ごと緑レンズ豆、タラ油(6%)、丸ごとシルバーヘイク(4%)、丸ごとレッドストライプメバル(4%)、丸ごとピント豆、丸ごとイエローピース、コールドプレスヒマワリ油、日干しアルファルファ、 乾燥ブラウンケルプ、新鮮カボチャ、バターナッツスクワッシュ、パースニップ、グリーンケ―ル、ホウレン草、カラシ菜、カブラ菜、ニンジン、レッドデリシャスリンゴ、バートレット梨(※こちら原材料は全て新鮮なものを使用しています。)
カロリー1kgあたり4,080kcal

アカナ グラランドキャットの基本情報】

公式サイトアカナ グラスランドキャット
添加物ビタミンE・ローズマリーを天然保存料として使用
対象年齢全年齢
原材料草を与えられて育った生ラム肉(8%)、鴨肉(8%)、全卵(8%)、ラム肉ミール(8%)、丸ごとニシンミール(8%)、七面鳥ミール(8%)、丸ごとグリンピース、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、ラム脂肪(6%)、天然ノーザンパイク(5%)、生ラムレバー(4%)、鴨内臓(レバー、ハツ、腎臓) (4%)、七面鳥肉(4%)、丸ごと緑レンズ豆、丸ごとピント豆、丸ごとイエローピース、タラ油(2%)、日干しアルファルファ、乾燥ラム軟骨(1%)、生ラムトライプ(1%)、乾燥ブラウンケルプ、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、パースニップ、グリーンケ―ル、ホウレン草、カラシ菜、カブラ菜、ニンジン、レッドデリシャスリンゴ、バートレット梨(※こちら原材料は全て新鮮なものを使用しています。)
カロリー1kgあたり4,040kcal

栄養素が詰まったグレインフリーキャットフード!ジウィピーク キャットフード

ジウィピークの商品は、全て低い温度で時間をかけて乾燥させる「エアドライ製法」で作られたキャットフードです。

エアドライ製法を行うことで、原材料が生の状態で持つ栄養素を逃さずにドライフードを作ることができます

薬剤などを一切使用しないで放し飼いされたニュージーランド産の高品質な原材料を使用しているため、安全性も非常に高いです。

  • ジウィピークエアドライフード ビーフ:牛肉が主原料のグレインフリーキャットフード。
  • ジウィピークエアドライフード マッカロー&ラム:魚肉(天然のマッカロー)とラム肉が主原料のグレインフリーキャットフード。
  • ジウィピークエアドライフード ベニソン:鹿肉(ベニソン)が主原料のグレインフリーキャットフード。
  • ジウィピークエアドライフード ラム:ラム肉が主原料のグレインフリーキャットフード。
  • ジウィピークエアドライフード フリーレンジチキン:鶏肉(ニュージーランドで放し飼いされた鶏)が主原料のグレインフリーキャットフード。

ジウィピーク エアドライフード ビーフの基本情報】

公式サイトジウィピーク エアドライフード ビーフ 公式サイト
主原料生肉・内臓・魚介類…96%(ビーフ生肉、ビーフハート生肉、ビーフキドニー生肉、ビーフトライプ生肉、ビーフレバー生肉、ビーフラング生肉、ニュージーランド緑イ貝、ビーフボーン)
レシチン、イヌリン(チコリ由来)、乾燥海草など
添加物人工添加物不使用(酸化防止剤は天然由来のミックストコフェロールを使用)
対象年齢全ライフステージ向け
カロリー100gあたり550kcal

ジウィピーク エアドライフード マッカロー&ラムの基本情報】

公式サイトジウィピーク エアドライフード マッカロー&ラム 公式サイト
主原料生肉・内臓・魚介類…96%(マッカロー(サバ)、ラム生肉、ラムハート生肉、ラムトライプ生肉、ラムレバー生肉、ラムラング生肉、ニュージーランド緑イ貝、ラムキドニー生肉、ラムボーン)
レシチン、イヌリン(チコリ由来)、乾燥海草など
添加物人工添加物不使用(酸化防止剤は天然由来のミックストコフェロールを使用)
対象年齢全ライフステージ向け
カロリー100gあたり480kcal

ジウィピーク エアドライフード ベニソンの基本情報】

公式サイトジウィピーク エアドライフード ベニソン 公式サイト
主原料生肉・内臓・魚介類…96%(ベニソン生肉、ベニソントライプ生肉、ベニソンハート生肉、ベニソンラング生肉、ベニソンレバー生肉、ベニソンキドニー生肉、ニュージーランド緑イ貝、ベニソンボーン)
レシチン、イヌリン(チコリ由来)、乾燥海草など
添加物人工添加物不使用(酸化防止剤は天然由来のミックストコフェロールを使用)
対象年齢全ライフステージ向け
カロリー100gあたり470kcal

ジウィピーク エアドライフード ラムの基本情報】

公式サイトジウィピーク エアドライフード ラム 公式サイト
主原料生肉・内臓・魚介類…96%(ラム生肉、ラムハート生肉、ラムトライプ生肉、ラムレバー生肉、ラムキドニー生肉、ラムラング生肉、ニュージーランド緑イ貝、ラムボーン)
レシチン、イヌリン(チコリ由来)、乾燥海草など
添加物人工添加物不使用(酸化防止剤は天然由来のミックストコフェロールを使用)
対象年齢全ライフステージ向け
カロリー100gあたり560kcal

ジウィピーク エアドライフード フリーレンジチキンの基本情報】

公式サイトジウィピーク エアドライフード フリーレンジチキン 公式サイト
主原料チキン生肉、チキンレバー生肉、チキンハート生肉、ニュージーランド緑イ貝、チキンボーン
レシチン、イヌリン(チコリ由来)、乾燥海草など
添加物人工添加物不使用(酸化防止剤は天然由来のミックストコフェロールを使用)
対象年齢全ライフステージ向け
カロリー100gあたり550kcal

お手頃価格!ピュリナワン キャットグレインフリー

ピュリナワン キャットグレインフリーは、新鮮な肉や魚が主原料のグレインフリーキャットフードです。

愛猫が食べやすい「やわらかほぐし粒」が入っているため、食感を楽しみながら食べることができます

ピュリナワン キャットグレインフリーの価格(2022年3月25日時点Amazon価格)

  • ピュリナワン キャットグレインフリー チキン:1.6kg 1,678円
  • ピュリナワン キャットグレインフリー 白身魚:1.6kg 1,755円
  • ピュリナワン キャットグレインフリー チキン・白身魚:3kg 3,281円

Amazon以外にも楽天などさまざまなネットショップで購入できるので、購入しやすいグレインフリーキャットフードです。

小分けになっている分包タイプもあるため、いつでも新鮮なキャットフードを与えることが出来ます。

【ピュリナワン キャットグレインフリー白身魚の基本情報】

公式サイトピュリナワン キャットグレインフリー白身魚 公式サイト
主原料白身魚、チキンミール、えんどう豆でんぷん、キャッサバ粉、大豆たんぱく、牛脂、脱脂大豆、えんどう豆たんぱく、卵、キャノーラミール、たんぱく加水分解物、酵母、チキンなど
添加物人工添加物不使用(酸化防止剤は天然由来のミックストコフェロールを使用)
対象年齢1歳以上の全年齢
カロリー100gあたり365kcal

【ピュリナワン キャットグレインフリーチキンの基本情報】

公式サイトピュリナワン キャットグレインフリーチキン 公式サイト
主原料チキン、チキンミール、えんどう豆でんぷん、キャッサバ粉、大豆たんぱく、牛脂、脱脂大豆、えんどう豆たんぱく、卵、キャノーラミール、たんぱく加水分解物、酵母など
添加物人工添加物不使用(酸化防止剤は天然由来のミックストコフェロールを使用)
対象年齢1歳以上の全年齢
カロリー100gあたり413kcal

グレインフリーキャットフードに関するよくある質問

Sleeping Cat

よくある質問の回答は、下記のとおりです。

  • グレインフリードッグフードは原価が高いので価格も高い
  • グレインフリードッグフードはコスパが良い

それぞれ詳しく解説していきます。

グレインフリーキャットフードはなぜ全般的に高いのですか?

グレインフリーキャットフードは、原価の安い米や玄米、トウモロコシなどの穀物を使用していないため、タンパク質原材料が仕入れ価格の高い肉や魚に絞られます。

PETPIA編集部
このような背景から、どうしても一般的なキャットフードより販売価格が高くなってしまうのですね。

一昔前では仕入れ価格の安い原材料が多く使用されてきましたが、猫が家族の一員として大切にされるようになってからは人と同じように猫も個体差に適した食事管理が重要視されているため、少し価格が高くてもグレインフリーキャットフードを選択する飼い主さんが増えています。

グレインフリーキャットフードはコスパが良いのですか?

もちろんメーカーや種類によってコスパの良さが違いますが、グレインフリーキャットフードは全般的にコスパが良いのが特徴です。

原材料の仕入れ価格を比較すると、やはり米や玄米、トウモロコシと比較すると肉や魚は原材料費が圧倒的に高額になります。

PETPIA編集部
原材料費の比率と、胃腸への負担軽減を中心に愛猫の健康維持を総合的に配慮すると、コスパが良いという結論に至ります。

他にも、グレインフリーではない安いキャットフードを与えて愛猫が病気になってしまった場合の治療費などを考慮すると、健康でいるための栄養素が多く含まれたグレインフリーキャットフードはコスパが良いでしょう。

今回紹介したグレインキャットフード一覧

商品名特徴
モグニャン
白身魚を65パーセント使用
カナガンキャットフード公式サイト原材料の60パーセント以上が良質なチキンまたはサーモンなどの魚類
犬猫生活キャットフード公式サイト
国産無添加の素材を使用
クプレラキャットフード公式サイト魚好き・アレルギーが多い猫におすすめ
NOW FRESH キトン
子猫におすすめ
NOW FRESH アダルトキャット
ターキーが主原料
NOW FRESH フレッシュアダルトキャット
肉類が入っていない
NOW FRESH シニアキャット&ウェイトマネジメント
ダイエット向け
アカナ ワイルドプレイリーキャット
鶏肉が主原料
アカナ パシフィカキャット魚肉肉が主原料
アカナ グラスランドキャットラム肉が主原料
ジウィピーク エアドライフード ビーフ牛肉が主原料
ジウィピーク エアドライフード マッカロー&ラム魚肉とラム肉が主原料
ジウィピーク エアドライフード ベニソン鹿肉が主原料
ジウィピーク エアドライフード ラムラム肉が主原料
ジウィピーク エアドライフード フリーレンジチキン鶏肉が主原料
ピュリナワン キャットグレインフリー白身魚価格が手頃で白身魚肉が主原料
ピュリナワン キャットグレインフリーチキン
価格が手頃で鶏肉が主原料

愛猫に合ったグレインフリーキャットフードを与えましょう

Cat in a box

今回は、グレインフリーキャットフードのメリット・デメリット、おすすめグレインフリーキャットフードなどについて、数多くのペットフードに関する記事の執筆や監修をしてきた犬猫行動アナリストが詳しく紹介しました。

グレインフリーキャットは良い原材料を使用しているため価格が高く、グレインフリーキャットフードに関する記事の中には「意味がない」という内容もあるため与えて良いか悩む飼い主さんが多いと思います。

今回紹介したキャットフードはグレインフリーというだけでなく、それぞれに魅力的なポイントが多いキャットフードばかりですので、気になる飼い主さんは是非とも一度購入してみてください。

キャットフードを切り替える時はいきなり全て切り替えるのではなく、今までのキャットフードと混ぜて徐々に切り替えてあげてください

この記事の簡単なまとめ

  1. グレインフリーキャットフードは穀物不使用のフード
  2. グレインフリーキャットフードはタンパク質量が多い
  3. 穀物不使用だとアレルギーリスクが減る
  4. グレインフリーキャットフードは原材料にこだわっている商品が多い
  5. グレインフリーキャットフードが高いのは製造原価が高いから