【失敗しない】アレルギー対策おすすめドッグフード10選【無添加や低アレルギーを紹介】

愛犬に合ったドッグフードがなかなか見つからなくて、頭を悩ませている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

愛犬にドッグフードが合わない理由の1つとして、ドッグフードに含まれる原材料に原因があるケースがあります。

また、一般的には良いといわれている原材料であっても、犬の体質や個体差によって合わない場合もあるため、全ての犬に合うドッグフードは存在しません

そこで今回は、アレルギー症状に悩んでいる飼い主さんのために、アレルギー対策におすすめのドッグフードやアレルギーを予防するポイントなどについて犬の管理栄養士がご紹介します。

ドッグフードによるアレルギー症状を予防する3つのポイント

愛犬のアレルギー対策のためにドッグフードを選ぶ時には、アレルギー予防するポイントを知っておく必要があります。

知っておくことで、数多くあるドッグフードの中から愛犬に合ったものを見つけやすくなるので、愛犬のアレルギー対策のためにドッグフードを探している飼い主さんは是非とも参考にしてください。

原材料がシンプルなドッグフードを選ぼう

愛犬のアレルギー症状を予防するポイントとして、原材料ができるだけシンプルなドッグフード(多くの原材料を使っていない)を選びましょう。

原材料の多いドッグフードを与えてしまうと、どの原材料が原因でアレルギーが引き起こされたかを特定することが困難です。

また、原材料が少なければドッグフードを与えた時にアレルギー症状を発症するリスクも低くなり、アレルギーの原因となる原材料の特定も比較的容易になります。

そして、愛犬のアレルギー対策としてドッグフードを選びたいけれど、ドッグフードの種類が多くて困っている飼い主さんは、アレルギーの発症率が低いといわれている食材が使用されたドッグフードを選びましょう。

【アレルギーの発症率が低いといわれている食材】

  • ラム肉
  • 鹿肉
  • サーモンなどの魚
  • じゃがいもなど

一般的にアレルギーの発症率が低いといわれている食材であっても、犬の体質や個体差によってアレルギー症状を引き起こすケースもあるため、あくまでも参考として覚えておきましょう。

グレインフリー・グルテンフリーのドッグフードを選ぼう

愛犬が穀類に対してアレルギーがある場合は、「グレインフリー」「グルテンフリー」のドッグフードを選びましょう。

「グレイン」とは、麦や米、とうもろこしなどの穀物のことです。そのため、グレインフリーのドッグフードは穀物が含まれていないドッグフードということになります。

また、「グルテン」とは小麦やライ麦などに含まれているたんぱく質の一種のことです。つまり、グレイン(穀物)の一種である麦類に含まれる栄養素が「グルテン」ということになります。

犬がアレルギーになる主な原因がたんぱく質であるため、グレインフリーやグルテンフリーのドッグフードを与えることは、ドッグフードによるアレルギー予防する効果が期待できる方法の1つです。

添加物の多いドッグフードを避ける

添加物が使用されているドッグフードを与えることで、愛犬にアレルギー症状が出るケースがあります。

そのため、愛犬のアレルギーをできる限り予防したいと考えている飼い主さんは、添加物が少ないまたは含まれていない(無添加)のドッグフードを与えてください。

ドッグフードによるアレルギー症状対策におすすめドッグフード10選

それでは、ドッグフードアレルギーの犬におすすめなドッグフードを10個紹介していきます。

森乳サンワールド スーパーゴールド フィッシュ&ポテト

主な原材料として、アレルギーの発症率が低いといわれているポテト(じゃがいも)とフィッシュ(サーモン・ホワイトフィッシュ)を使用しているドッグフードです。

また、7,850円で15kgの内容量と非常にコストパフォーマンスが高いドッグフードですので、多頭飼いしている飼い主さんなどにもおすすめです。

対象年齢生後6周間以上の子犬・成犬
無添加×
内容量800g/2.4kg/7.5kg
生産国アメリカ
カロリー100g当たり355Kcal
原材料ポテト、サーモンミール、ホワイトフィッシュミール、動物性脂肪、植物性油脂、トマトポマス、フィッシュダイジェスト/ユッカ抽出物など

森乳サンワールド スーパーゴールド フィッシュ&ポテト

ペットライン:メディコート アレルゲンカット

メディコート アレルゲンカットは、ドッグフードによるアレルギー症状を防ぐために、アレルギー症状を発症しづらい原材料を使用したドッグフードです。

また、犬のライフステージに合わせたドッグフードがあるため、愛犬の成長と共にドッグフードを変えていきましょう。

  • 離乳から1歳まで:子犬用
  • 1歳から:成犬用
  • 1歳から:成犬用(低脂肪ライトタイプ)
  • 7歳から:高齢犬用
  • 7歳から:高齢犬用(低脂肪ライトタイプ)
  • 11歳から:老齢犬用

愛犬のライフステージなどに合わせてアレルギー対策ができるので、どの年齢の犬に対してもおすすめできるドッグフードです。

対象年齢1歳以上の成犬
無添加

×

内容量1.25kg/3kg/6kg/8kg
生産国日本
カロリー100g当たり355Kcal
原材料穀類(米、米粉 、米ぬか)、魚介類(フィッシュミール:DHAEPA源、フィッシュエキス、フィッシュコラーゲン)など

ペットライン:メディコート アレルゲンカット

KiaOra DOG ラム&サーモン

KiaOra DOG サーモンに使用されているラムは、年中屋外の自然放牧で育てられたニュージーランド産のラムです。

良質なラムとサーモンを原材料とし、たんぱく質を多く含むドッグフードですので、ラム肉が好きな犬やタンパク質の多いドッグフードを与えたい方にはおすすめのドッグフードです。

対象年齢生後6週間以上の子犬・成犬
無添加×
内容量450g/900g/2.7kg/5kg/9.5kg
生産国カナダ
カロリー100g当たり387Kcal
原材料ラム生肉、生サーモン、ドライフィッシュ、えんどう豆、ポテト、全粒亜麻仁、鶏脂、天然フレーバー、乾燥ラム、フィッシュオイル、ビネガー、など

KiaOra DOG ラム&サーモン

ナチュラルバランス スウィートポテト&フィッシュフォーミュラ

ナチュラルバランスは、原材料をシンプルにするために、「1種類のたんぱく質」と「1種の炭水化物」を主な原材料としているのが特徴のドッグフードです。

今回ご紹介しているのは、スウィートポテト&フィッシュフォーミュラーですが、ポテトやフィッシュに対してアレルギーがある場合は、その他のナチュラルバランスのドッグフードを与えてみてください。

【ナチュラルバランスのアレルギー対策におすすめドッグフード】

  • オリジナルウルトラ ホールボディヘルス チキン、チキンミール&ダックミールフォーミュラ(グルテンフリー)
  • ウルトラプレミアム ハイプロテイン ターキーフォーミュラ
  • ウルトラプレミアム ベジタリアンフォーミュラなど

上記のドッグフードは、全てアレルギー対策を行なっているドッグフードですので、愛犬に合わせて与えてあげましょう。

特に、「ウルトラプレミアム ベジタリアンフォーミュラ」は、動物性のたんぱく質や炭水化物などに対してアレルギーが多い犬にはおすすめのドッグフードです。

トマトやほうれん草、グリーンピースなどの栄養価が高い野菜を多く使用しているため、栄養バランスについての不安もなく安心して与えることができます。

対象年齢成犬・シニア犬
無添加

内容量1kg/2.27kg/5.45kg
生産国アメリカ
カロリー100g当たり327Kcal
原材料スウィートポテト・サーモン・サーモンミール・キャノーラオイル・ポテトファイバー・など

ナチュラルバランス スウィートポテト&フィッシュフォーミュラ

ネイティブドッグ 国産低刺激ドッグフード

犬のアレルギー対策に配慮し、小麦・大豆・とうもろこしを使用せずに魚やお米を主な原材料にしているドッグフードです。

さらに、成犬向けの「スタンダードフィット」、多重管理をしたい犬向けの「ウェイトコントロール」、高齢犬向けの「シニアフィット」の3種類があるため、愛犬に年齢や健康状態に合わせてアレルギー対策のドッグフードを選ぶことができます

アレルギー対策がされている国産のドッグフードを与えた飼い主さんにおすすめのドッグフードです。

対象年齢1歳以上
無添加
内容量6000g
生産国日本
カロリー「スタンダードフィット」100g当たり335Kcal

「ウェイトコントロール」100g当たり275Kcal

「シニアフィット」100g当たり325Kcal

原材料公式HPをご確認ください。

ネイティブドッグ 国産低刺激ドッグフード

アランズ ナチュラルドッグフード ラム

アランズナチュラルドッグフードは、原材料が9種類しか含まれていなく、主にラム肉を使用しているためアレルギー対策に適したドッグフードです。

また添加物も含まれておらず、アレルギーの発症率を極めて下げることができます。栄養バランスもしっかりと取れているので、アレルギー対策のドッグフード選びに悩んでいる飼い主さんにおすすめのドッグフードです。

対象年齢生後7ヶ月以上の子犬・成犬・シニア犬
無添加
内容量2kg
生産国イギリス
カロリー342kcal
無添加ラム 40%(生ラム肉 25%、乾燥ラム肉 10%、ラムオイル 4%、ラムグレイビー 1%)、サツマイモ、レンズ豆、そら豆、ひよこ豆、ベジタブル・ハーブミックス、亜麻仁、エンドウ豆繊維、ビール酵母

アランズ ナチュラルドッグフード ラム

このこのごはん

このこのごはんは、グルテンフリーの無添加国産ドッグフードです。アレルギー対策がされているだけでなく、原材料の産地も公開しているため、安心して愛犬に与えることができます。

主な原材料がささみですが、ささみに対してアレルギーがなければグルテンフリーですので、アレルギー対策に適したドッグフードです。

ドッグフードに含まれる添加物が原因でアレルギー症状が出てしまう犬や、国産のドッグフードを与えたい飼い主さんにおすすめのドッグフードです。

対象年齢全年齢対象
無添加

内容量1kg
生産国日本
カロリー100g当たり
原材料鶏肉(ささみ、レバー)、大麦、玄米、ビール酵母、鰹節、米油、乾燥卵黄、鹿肉、まぐろ、青パパイヤ末、モリンガ、さつまいも、わかめ、乳酸菌、昆布、など

このこのごはん

ACANA パシフィックピルチャード

ACANA パシフィックピルチャードは、太平洋で獲れる新鮮なイワシを使用したドッグフードです。

イワシなどの魚類は、アレルギー症状を引き起こしにくい食材の1つですので、主な原材料として使用される穀物類や豚肉・鶏肉・牛肉などの肉類に対してアレルギーがある犬に適したドッグフードです。

新鮮なイワシ以外にも、多くの栄養素を含む果実や野菜を原材料としているため、栄養バランスの心配もありません。魚が好きな犬や無添加にこだわる飼い主さんにおすすめのドッグフードです。

対象年齢全年齢対象
無添加

内容量2kg
生産国カナダ
カロリー100g当たり
原材料新鮮丸ごと太平洋イワシ(25%), 丸ごとイワシミール(18%), 丸ごとグリンピース, 丸ごと赤レンズ豆, 丸ごとヒヨコ豆, など

ACANA パシフィックピルチャード

無添加のドッグフードモグワン

モグワンは、チキンとサーモンを組み合わせているのが特徴のドッグフードです。多くの原材料を使用していますが、グレインフリーで無添加のドッグフードですので、安心して愛犬に与えることができます。

また、食いつきの良さに評判があるのでアレルギー対策だけでなく、食が細い犬や食欲が低下しやすいシニア犬などにもおすすめのドッグフードです。

対象年齢2ヶ月以降の全犬種
無添加

内容量1.8kg
生産国日本
カロリー100g当たり363kcal
原材料チキン&サーモン56%(チキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、など

モグワン

モグキューブ

モグキューブは、ニュージーランド産のグラスフェッドラム(牧草で飼育されたラム)を豊富に使用し、栄養素をできる限り閉じ込めるためにフリーズドライ製法で作れているドッグフードです。

ラム肉はアレルギーの発症率が低い食材の1つですので、アレルギー対策にはピッタリな食材であり、その他にも「緑イ貝」やブロッコリーなども使用しているため、栄養バランスもしっかりしています。

また、フリーズドライ製法で作られているため、さまざまな方法で与えることが可能です。

【モグキューブの与え方】

  • ドッグフードとして与える
  • おやつとして与える
  • 水などでふやかして与える
  • トッピングとして与える

愛犬の健康状態や年齢などに合わせてさまざまな方法で与えられます。愛犬の食いつきが良くない方や栄養素にこだわる飼い主さんにおすすめのドッグフードです。

対象年齢全年齢
無添加

内容量425g
生産国ニュージーランド
カロリー100g当たり485kcal
原材料ラム肉 ラム肺 ラムレバー ラム気管 紫イ貝 エンドウ豆 緑イ貝など

モグキューブ

ドッグフードによるアレルギー症状は?

愛犬にドッグフードを与えて何か異変があっても、その異変がアレルギー症状なのかを飼い主産が判断するのは難しいと思います。

もしも、ドッグフードによるアレルギー症状を知らずに対処せず放置してしまうと、アレルギー症状が悪化し重症化する恐れもあり、非常に危険です。

ドッグフードによるアレルギー症状に対して早期発見・早期治療を行うためにも、どのようなアレルギー症状を引き起こすのかを把握しておきましょう。

見た目に関する症状

ドッグフードによるアレルギー症状として、見た目に関する症状があります。愛犬の見た目に変化が起きるため、比較的発見しやすいアレルギー症状です。

  • 薄毛や脱毛
  • 涙やけ
  • ふけ
  • 皮膚の赤み(顔・耳・口・目・四肢の内側など)

上記以外にも、愛犬の見た目に変化があった場合は、すぐに獣医師に相談してください。

その他の症状

ドッグフードによるアレルギー症状として、見た目ではすぐに判断することが出来ない症状があります。

  • 身体の痒み
  • 下痢・嘔吐

上記の症状に伴い、身体を頻繁にかいたり舐めるなどの行動を行いますので、愛犬の些細な行動を見逃さないように注意が必要です。

また、下痢や嘔吐が継続的にみられる場合は、アレルギー以外の健康トラブルである恐れも考えられるため、すぐに獣医師に相談してください。

ドッグフードによるアレルギー症状が出てしまったor疑われる場合の対策方法

ドッグフードを与えたことで、愛犬にアレルギー症状が出た場合またはアレルギー症状が疑われる場合の対策方法をご紹介します。

まず一番最初に行うことは、決して慌てずに落ち着くことです。飼い主さんが慌ててしまうと、犬も動揺してしまうため、深呼吸をして落ち着いて行動してください。

また、応急処置として食べたドッグフードを無理に吐かせようとすることは、絶対にしてはいけない行動です。

指を犬の口に入れたり、食塩水・オキシドールを飲ませるなどして無理矢理吐かせようとすると、アレルギー症状以外の健康トラブルを引き起こす恐れがあります。

①:動物病院を受診する

愛犬にアレルギー症状が出た場合は、出来るだけ早く動物病院を受診してください。また、受診する前に動物病院へ事前に連絡をしておくことで、速やかに対応してくれるケースもあるため、可能であれば連絡をしておくと良いでしょう。

【動物病院を受診する際にすべきこと】

  • ドッグフードを与えた時間とアレルギー症状が見られた時間をメモする
  • ドッグフードやおやつなど与えたものを持っていく
  • 症状が出た時の様子を写真や動画に記録する
  • その他、愛犬の様子に変化があれば都度メモや記録をする

上記の行動をすることで、動物病院を受診した際に詳細な情報を獣医師に伝えることができます

また、場合によっては数時間後にアレルギー症状が出てくるケースもあるため、少しでも愛犬の様子がおかしいと感じた時は、様子をメモしたり動画撮影してください。

②:アレルギーの疑いがある食材を与えないで様子を見る

愛犬にアレルギー症状が見られたり、アレルギー症状が疑われる場合は、それまでに与えていたドッグフードやおやつを与えないようにしてください。

そして、アレルギー症状が見られなくなった場合は、それまでの与えていた食べ物に含まれる食材が原因である可能性があります。

また、ドッグフードやおやつを与えなくなってもアレルギー症状が継続して見られる場合は、食べ物以外の生活環境などが原因になっているかもしれません。

生活環境にホコリが多い場合もアレルギー症状が出るケースがあるため、犬の生活環境は出来るだけ高頻度で掃除をするように心がけてください。

アレルギーの原因で思い当たることを改善して様子を見るようにし、それでもアレルギー症状が見られる場合は獣医師に相談しましょう。

③:動物病院でアレルギー検査を行う

ドッグフードやおやつなど、愛犬に与えるものを試行錯誤してもアレルギー症状が見られる場合や、正確にアレルギーの要因を特定したい飼い主さんは、動物病院でアレルギー検査を行いましょう。

動物病院によって、アレルギー検査の方法が異なりますので、愛犬のアレルギー検査を検討している方はお近くの動物病院やかかりつけの動物病院に確認してください。

アレルギーが出にくいドッグフードを買おう

今回は、アレルギー症状に悩んでいる飼い主さんのために、アレルギー対策別におすすめのドッグフードやアレルギーを予防するポイントなどについて、犬の管理栄養士がご紹介しました。

近年では、アレルギー対策に特化したドッグフードが数多く登場しているため、愛犬のドッグフード選びにも一苦労だと思います。

しかし、愛犬に合ったドッグフードを見つけることができれば、アレルギーの心配が減るため安心してドッグフードを与えることが可能です。

ドッグフードの選択肢が多いことで、愛犬にピッタリなドッグフードが見つかる可能性も高いため、今回ご紹介したドッグフードから愛犬のアレルギー対策ができるドッグフードを見つけてください。

ドッグフードを酸化から守って愛犬に新鮮な状態で与えることもドッグフードを与える上で非常に重要になります。

いつでも新鮮な状態でドッグフードを与えたい方は、ドッグフードストッカーの利用がおすすめです。

またドッグフードの選定に悩む方は、国産のドッグフードも非常におすすめです。国産ドッグフードおすすめランキング【18選】安全性や獣医師おすすめを参考にしていただければ幸いです。

今回紹介したドッグフードまとめ

森乳サンワールド
アレルギーの発症率が低いといわれているポテト
メディコート アレルゲンカット
アレルギー症状を発症しづらい原材料を使用
KiaOra DOG
良質なラムとサーモンを原材料
スウィートポテト&フィッシュフォーミュラ
動物性のたんぱく質や炭水化物などに対してアレルギーが多い犬にはおすすめ
ネイティブドッグ
アレルギー対策がされている国産のドッグフード
アランズ ナチュラルドッグフード
原材料が9種類しか含まれてい
このこのごはん
グルテンフリーの無添加国産ドッグフード
ACANA パシフィックピルチャード
太平洋で獲れる新鮮なイワシを使用
モグワン
グレインフリーで無添加のドッグフード
モグキューブ
ニュージーランド産のグラスフェッドラムを使用